movie

上原ひろみが演奏&サウンド・プロデュースを担当!映画『BLUE GIANT』感想


UnsplashJong Marshesが撮影した写真

『BLUE GIANT』は音楽FANも期待できそうな作品だね。
マサマサ

シリーズ累計920万部超!大人気ジャズ漫画の初の映画化作品にて

音楽は、世界的ピアニスト上原ひろみが担当!で話題のアニメーション映画『BLUE GIANT』の感想と、本作の関連情報についてのまとめの記事です。

Robert
以下、記事のポイントになります。
ところでRobertってなにもの
マサマサ

本記事の信憑性

Robert

・特に映画通でもなんでもない

・映画鑑賞暦40年以上!?

・CD1000枚以上コレクション

・音楽大好きの技術系サラリーマン

オヤジ(Robert)による既鑑賞作品に関する感想について備忘録もかねてご紹介!

この記事を読んで

映画『BLUE GIANT』鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ、オヤジ(Robert)幸せです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

*本ページはプロモーションが含まれています。

▼ 提供:株式会社DMM.com証券 ▼

映画『BLUE GIANT』に関する勝手な感想文

今回も頑張って、公開初日に鑑賞

となりましたが、第一印象としては

Robert
アニメで楽しむ音楽もありだなー

です。

原作含めほぼ予備情報無しでも楽しめました

オヤジ(Robert)は、この「BLUE GIANT」の原作マンガ

お恥ずかしながら、一度も読んだことはありません

 

また、昨年(2022年)から登場しているトレーラー情報などから

2月17(金)公開|映画『BLUE GIANT』予告編

その存在は認知しておりましたが、今回はあえて予備情報を入れないで鑑賞しました。

 

全体として、物語の展開は早いですが、途中で入る回想シーンなどで何となくですが、それぞれのキャラクターの背景などについても理解できるようになっており、うまく編集されているという印象です。

 

自身の子供もしかり(爆)、最近元気な若者の姿を見てなかったため

Robert

こんな若者みたかった!

という飢えがあったせいか、(こう書くと若いひとに「ウザイ」と思われそうですが)その期待に答えてくれるキャラクターたち、特に大の存在に元気を頂きました

また、オヤジ(Robert)は、全く気が付きませんでしたが、web上の情報からストーリー的にも原作から少し変えている内容もあるようなでので、原作で楽しんでいた輩もさらに楽しめるのではないかと。

JAZZに関するアニメ作品の劇場版作品は今回が初!?

過去にもオヤジ(Robert)が知っている作品でも

『のだめカンタービレ』

『四月は君の嘘』

など、音楽を題材としたアニメ作品はありますが、

JAZZを本格的にあつかったアニメ作品としては、約10年前の2012年に製作された

『坂道のアポロン』

がそれにあたりそうです。

 

ただ、先日、WOWOWでもやってましたが

『四月は君の嘘』

『坂道のアポロン』

などは、劇場盤は実写ものでしたので、音楽を本格的に扱ったアニメ作品の劇場版としては、おそらく今回が世界初!?なのではないか思われます。

(もし、他にもあるようでしたらコメント等頂ければありがたいです)

▼ 提供: 株式会社エムティーアイ ▼

アニメならではの迫力あるLive演奏の表現

映画『BLUE GIANT』のH.P

PRODUCTION NOTE

出典:2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会  URL:https://bluegiant-movie.jp/productionnote.html

でも語られてますように、今回の作品内で登場する音楽Liveの迫力会場の熱気

などをアニメーションの技術により表現するにあたり、どのような手法を用いるか?などは、監督の立川譲氏苦労された点のようですが

実写版などでは、おそらく不可能な普通のカメラやドローンでも表現できないアングルによるダイナミックな視点の変化

さらに、さまざまなカラーバリエーション


UnsplashFLY:Dが撮影した写真

により、音楽と主人公たちの熱と音楽とが一体となる感じ光の流れや宇宙をイメージさせる演出

UnsplashDaniel Olahが撮影した写真

など、かなり挑戦的な試みにも感じましたが、間違いなく感動に導いてくれる素晴らしい内容だったと思います。

セッション的なjazzを聴くことに前向きにさせてくれる作品

バンドとして、トリオという編成は、やはりJAZZになると各パートのソロでの演奏による主張など、セッション的な掛け合いが見せ場になる場面が出てきますので、聴く方もある程度元気でないと聴かない作品

でもあり、毎日聴く音楽ではないイメージですが

今回の作品『BLUE GIANT』から受けたトリオの演奏からもらえる熱のように

パワーをチャージする感じで音楽を聴くという気づきももらえたので、最近、どちらかというと癒しのために音楽を聴いていた

オヤジ(Robert)にとっては、改ためて音楽との向き合い方に関して、活を頂いたようなありがたい良い機会になりました。

あとは、エンドロールのなかでATMOSロゴ発見!しましたので、2回目はもちろんATMOSで鑑賞してみたい

と思います。

見出しのTOPに戻る

▼ 提供: まんが王国 ▼

映画『BLUE GIANT』に関する音楽情報

映画『BLUE GIANT』で登場する楽曲や、音楽を担当した上原ひろみ氏をはじめとした、ミュージシャンの方々など、音楽に関する情報について以下にご紹介します。

音楽は世界的ピアニストの上原ひろみが担当

映画『BLUE GIANT』の音楽は

世界的ピアニスト ”上原ひろみ”氏が担当しており

劇中曲の演奏もおこなっております。

 

『BLUE GIANT』に登場するJASSというグループは、3人によるトリオ編成ですが

ベースが無い


UnsplashRahul Viswanathが撮影した写真

トリオによる楽曲は、オヤジ(Robert)のコレクションでもそうでしたが、JAZZの音楽のなかでも世の中的にも希少なケースかと思われます

(実はメジャーな曲があるかもですが)ので、このトリオ構成での演奏曲の製作ということでは、大分ご苦労があったのでは?と想像します。

新ためて凄さが分かる『ALIVE』

”上原ひろみ”

”トリオ”

という

二つのKEYWORDでオヤジ(Robert)が思い浮かぶ作品といえば

feat.

アンソニー・ジャクソン

サイモン・フィリップス

による、上原ひろみザ・トリオ・プロジェクトの三部作です。

この上原ひろみザ・トリオ・プロジェクトの三部作の中で、オヤジ(Robert)的に一番の作品

「ALIVE」

です。

 

『BLUE GIANT』を鑑賞したあとに、改めて『ALIVE』を聴いてみる

Hiromi The Trio Project performing "Alive" (Live in the Studio)

 

メンバーのお互いの演奏による主張ぐあいについて、より意識するようになったせいか

三人の掛け合いが立体的に感じられ細かいやりとりの変化に耳がついていくようになった感じがします。

不思議ですね。

 

上原ひろみザ・トリオ・プロジェクトのなかで、アンソニーの楽器が、サックスではなくてベースギターだった


UnsplashRahul Viswanathが撮影した写真

という違いはありますが

 

あの3人の演奏による、会話のような、主張のような、ぶつかりあいや融合


UnsplashDaniel Olahが撮影した写真

などが、『BLUE GIANT』でも分かりやすく描かれておりましたし

ひろみちゃんのトリオでのご経験が、この作品の特にLive演奏の場面で活かされ

主人公たちの演奏もアニメの表現とあいまって、見事にトリオ振りが炸裂!しておりました。

上原ひろみ x e+ SPECIAL VIDEO 「ALIVE」

関連記事上原ひろみ ALIVE JAPAN TOUR 東京国際フォーラム2014/12/7感想

Photo by Dolo Iglesias on Unsplash 2014/12/17に、上原ひろみ THE TRIO PROJECT ALIVE JAPAN TOUR 2014IN東京国際フォー ...

続きを見る

見出しのTOPに戻る

作品情報「BLUE GIANT (オリジナル・サウンドトラック)(SHM-CD) / 上原ひろみ

BLUE GIANT (オリジナル・サウンドトラック)(SHM-CD) / 上原ひろみ:クリックするとAmazon商品ページ)
・タイトル:BLUE GIANT (オリジナル・サウンドトラック)(SHM-CD)
・発売年:2023
・フォーマット:CD
・レーベル : Universal Music

 曲目リスト

01. Impressions
02. Omelet rice
03. Day by day
04. Kawakita blues
05. Ambition
06. BLUE GIANT ~Cello & Piano~
07. Motivation
08. In search of...
09. The beginning
10. Monologue
11. Forward
12. Another autumn
13. Next step
14. Challenge
15. Kick off
16. Samba five
17. N.E.W.
18. Recollection
19. No way out
20. New day
21. Reunion
22. Count on me
23. Faith
24. Nostalgia
25. What it takes
26. WE WILL
27. From here
28. FIRST NOTE
29. BLUE GIANT

全29曲


出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

本CDに収録されているジャズトリオ”JASS”の楽曲でもある

「FIRST NOTE」

「N.E.W.」

「WE WILL」

のほか、劇伴音楽のほぼ全曲 演奏及びサウンド・プロデュースなど、全て上原ひろみ氏によるものであります。

BLUE GIANT

 

本サントラ盤は、ハイレゾ盤も発売されておりますが、¥4,074円(税込)とCDより少しお高い値段

(2023/2/20時点)

になります。

 

特典があるCDか?

より良い音のハイレゾか?

・・・

Robert

非常に迷います。

▼ 提供:株式会社レコチョク ▼

 おすすめの曲は、17、26、28                    Recommended songs are 17, 26, 28

「BLUE GIANT (オリジナル・サウンドトラック) / 上原ひろみ」のなかから、おすすめの3曲を選んでみると、こんな感じです。

  • 17. N.E.W:冒頭のソロのパフォーマンス含め、全体的に躍動するサックスが印象的な作品。今回の楽曲たちのなかでは、インパクトとては一番の曲
  • 26. WE WILL:緊張感あるドラムソロが特徴的な作品。映画を観終わったあとで聴いてもその演奏シーンが浮かぶ印象に残る1曲
  • 28. FIRST NOTE:印象的なメロディに加えて、途中のPIANOソロからサックスが炸裂して盛り上がるところなど「ひろみ節」的展開(勝手に命名)も登場し、上原ひろみFANとしても満足の1曲

音楽はもちろんCDだけでも聴く楽しみ

はありますが、以下の静止画で聴く音楽だと、伝わってこない無い何かが・・・

それは、今回の作品の映像のなかにあり、正にLiveを鑑賞しているときに感じる感覚そのものだと、理解することが出来ます。

曲目リストに戻る

FIRST NOTE

見出しのTOPに戻る

大のサックス担当:馬場智章氏について

大のサックスの演奏を担当されたかたは、今回オーディションで選ばれたという

馬場智章氏

で、今回オヤジ(Robert)がはじめて知ることになったかたです。

こちらのオフィシャルページ

TOMOAKI BABA

出典:Squarespace   URL:http://www.tomoakibaba.com/

の内容からから、馬場智章氏は、基本的には日本で活動されているかたのようです。

馬場智章氏は、あのテレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲も手掛け、これまでにアルバムを2枚リリースされております。

最新作の『Gathering』

をオヤジ(Robert)も少し試聴させて頂きましたが、

サックス以外はbassとドラムだけというシンプルな構成による、様々なタイプの曲で構成された、現代JAZZのような作品です。

馬場氏の今後のご活躍も非常に楽しみです。

【J-Squad×ブルーノート東京】報ステテーマ曲・生演奏

玉田のドラム担当:石若駿氏について

玉田のドラムの演奏を担当されたかたは、今回、ひろみちゃんがご指名したという

石若駿氏

で、今回オヤジ(Robert)がはじめて知ることになったかたです。

こちらのオフィシャルページ

石若駿 SHUN ISHIWAKA OFFICIAL WEBSITE

出典:Shun Ishiwaka 2015  URL:http://www.shun-ishiwaka.com/home

の内容からから、馬場智章氏と同様に、基本的には日本で活動されているかたのようです。

同pageのDISCOGRAPHYのコーナーに掲載されたアルバムジャケットからも

実に様々なアーティストの作品に参加されていることが分かり、ひろみちゃんから指名されるのも頷けます。

玉田氏が今後参加される作品も注目ですね。

アニメ「坂道のアポロン」 第1弾PV公開

見出しのTOPに戻る

”サックス”を聴きたい!というときに迷ったらこの5作品

映画『BLUE GIANT』を鑑賞すると、

主人公の大のように吹きっぷりの良い”サックス”

が登場する音楽が聴きたくなるのは、オヤジ(Robert)だけではないはず。

 

そこで今回は、数少ないオヤジ(Robert)のコレクションのなかから、これまた独断的な選択にて

”サックス”を聴きたいときに迷ったらこの5作品を以下にご紹介します。

Blue Train: The Complete Masters / John Coltrane

 John Coltraneの代表作にて、JAZZの名盤と呼ばれる作品でございます。

吹きっぷりの良い”サックス”の代名詞のようなパフォーマンスが楽しめて、ついその音の変化に、耳が釘付けになります

Blue Train (Remastered 2003/Rudy Van Gelder Edition)

 

Saxophone Colossus / Sonny Rollins

Sonny Rollinsの代表作にて、こちらもJAZZの名盤と呼ばれる作品でございます。

本作には、5曲しか挿入されておりませんが、1曲1曲が少し長めにて

ライブのときに登場するようなバンドメンバーのソロの楽しみなどもあり、聴きごたえのある作品になっております。

Sonny Rollins - St. Thomas

Speak No Evil / Wayne Shorter

遅まきながら、映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』を鑑賞して知った作品ながら、時々つい聴きたくなってしまう不思議な作品です。

【2023/03/05 update】

ジャズ・サックスの巨匠、ウェイン・ショーター逝去。その功績を辿る

出典:udiscovermusic.jp   URL:https://www.udiscovermusic.jp/news/wayne-shorter-jazz-saxophone-giant-dies

上記NEWSより、2023年3月2日

ウェイン・ショーター氏が亡くなったことを知りました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Wayne Shorter - Speak No Evil

 

関連記事パイオニア的レーベルの軌跡 映画『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』感想

UnsplashのOcramnaig_o1が撮影した写真 ”ブルーノート・レコード”ってどんなレーベルなの?マサマサ   設立してから80年を超えても音楽シーンに影響を与え続けているパイオニ ...

続きを見る

オレンジ・エクスプレス / 渡辺貞夫

世界に誇る、日本のレジェンド サックスプレイヤー  渡辺貞夫 氏による、夏全開のときにふく気持ちの良い風が感じられる作品です。

Sadao Watanabe - Orange Express

Dave Koz / Dave Koz

オヤジ(Robert)の大好きなAOR的な作品でもある、Dave Kozのデビュー作品

30年以上聴いてますが、なぜか全く飽きない不思議な作品です。

Castle Of Dreams

Dave Koz / Dave Koz:クリックするとAmazon商品ページ)

 

以上でご紹介した作品は、ほとんどがCDの宅配レンタルサービスなどを利用しても楽しめます。

CDの宅配レンタルサービスを提供している各社の料金の比較情報や、おすすめの借り方などについては、以下の記事でご紹介しております。

関連記事CD借りるなら「宅配レンタルサービス」が安全で便利!"各種プランの選び方”まとめ

Photo by Corinne Kutz on Unsplash CDの宅配レンタルサービスって、どれを選んだらいいか?分かりにくい!マサマサ ネットでCDをレンタルする際に利用する”CD宅配レンタ ...

続きを見る

見出しのTOPに戻る

『BLUE GIANT』に関する勝手なエバリュエーション

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア"

【オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア】はこちらのページに掲載

によるエバリュエーションは

"A”

  • A : また是非みたい作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから) 含む)

となります。

オヤジ(Robert)的には、世代的な背景もありどうしても主人公たちを、Take2のママのように親目線で観てしまいます😢

何かに全力で向かう気持ちは、年齢を重ねても忘れないようにしたいことを思いださせてくれる作品だと思います。

そういう意味でも、間違いなく今後、DVDを購入するかVODのサービスを利用して、もう一度観たくなる作品になると思います。

見出しのTOPに戻る

『BLUE GIANT』に関するパンフレットの記憶

今回のパンフレットは、上記Twitter情報にありますように

デザインがほぼアナログ盤のジャケットそのもののような構成にしているところが、見た目ですぐわかるインパクトもあり

原作はもちろん、音楽FANにも嬉しい演出かと。

内容的には、

CAST INTERVIEWのコーナーにて

主役のJASSのメンバー3人を演じた若い3人

のインタビューに加えて、実際に、それぞれの演奏を担当したミュージシャンのメンバー

によるコメントにより、この作品への拘りのようなものが知れて良かったです。

 

STAFF INTERVIEWのコーナーでは

監督の立川譲氏によるJASSのラストライブの構成3人の演出などの苦労話など、興味深い内容ばかりでした。

 

あとは、やはり音楽を担当された上原ひろみ氏により語られていた原作者がイメージするJASSの音に近づけるためのご苦労に加えて

オヤジ(Robert)も大のサックスを聴いてうかんだサックスプレイヤー

John Coltrane


の、あまり馴染みがなかったある曲♪を題材に、作品で使用する音楽にアプローチされていたエピソードなど、ひろみちゃんの拘りのようなものも感じましたし

 

そのほか、アニメ評論家のかたによる解説各担当のかたによるSTAFF COMMENTに加えて、作品のなかで登場するひろみちゃんがつくった

N.E.W

FIRST NOTE

WE WILL

BLUE GIANT

などの劇中曲解説があったり読み応えも十分です

見出しのTOPに戻る

▼ Amazone.co.jp ▼

まとめ

今回は、映画『BLUE GIANT』に関する内容として

・映画『BLUE GIANT』に関する勝手な感想文

・映画『BLUE GIANT』に関する音楽情報

・”サックス”を聴きたい!というときに迷ったらこの5作品

などご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

『BLUE GIANT』という作品は

東北の田舎者が上京して世界を相手に挑むというSTORTですが

業種は違えど、20代で同じように住んでいた仙台から就職のために上京してきた


UnsplashAtul Vinayakが撮影した写真

オヤジ(Robert)にとっては、共感する部分というか、懐かしい熱い想いのようなものが回想され

Robert

自分はあのとき何に熱くなっていたか?

自分はどんな夢を描いていたのか?

かなり久々に、上京した当時の自分と対峙する機会になりました。

本当に実現できるか?は置いといて(苦笑)

(もう既に遅いかもしれませんが)

いつまでも大のような気持ちをもって望める何か


Unsplashkatsuma tanakaが撮影した写真

を、これからも探していきたいと思います。

 

この記事を読んで頂きましたみなさんも

映画『BLUE GIANT』

是非、ご鑑賞してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-movie
-, ,

Copyright© intelablog , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.