movie

ドキュメンタリー映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』感想文

Photo by Erik Diaz on Unsplash

2021年第63回グラミー賞

最優秀音楽映画賞

を受賞!

 

『ロックの殿堂』入り

まで果たした

永遠の歌姫

リンダ・ロンシュタット

の半生が描かれている

ドキュメンタリー作品

 

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

の感想と

本作の関連情報

について

のまとめの記事です。

Robert
以下、記事のポイントになります。

ポイント

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関する勝手な感想文

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関する音楽情報

リンダ・ロンシュタットのおすすめCDについて

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関するにパンフレットの記憶

ところでRobertってなにもの
マサマサ

本記事の信憑性

特に映画通でもなんでもない

映画鑑賞暦40年以上!?

CD800枚以上コレクション

音楽大好き

の技術系サラリーマン

オヤジ(Robert)による

既鑑賞作品に関する感想

について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事を読んで

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸せです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

▼ 株式会社U-NEXT ▼

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関する勝手な感想文

Linda Ronstadt: The Sound of My Voice | Official Trailer

 

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

リンダ・ロンシュタット

ご本人

をはじめとした

 

ジャクソン・ブラウン

エミルー・ハリス

ドリー・パートン

ボニー・レイット

ドン・ヘンリー

・・・

 

という

そうそうたる面々による

インタビューと過去の映像

が中心の

 

脚色もほぼなし

ドキュメンタリー作品

であります。

 

現在(いま)のリンダ・ロンシュタットも登場します

また

リンダ・ロンシュタット

いつからか

ショービスの世界から消えていた理由

 

そして

いま現在

彼女がどんな状態にあるか?

・・・

の衝撃映像も登場します。

 

盛りだくさんのエピソードにて大満足の内容です

さらに

リンダ・ロンシュタット

のファミリーのルーツに

メキシコが関係

していて

音楽活動にも影響を与えていた

エピソード

 

普段

あまり

インタビュー映像

などでもみかけない

ジャクソン・ブラウン

による

 

長年の交流

をうかがわせるように

本作の中で

結構な頻度で登場

して語られる

リンダ・ロンシュタット

に関するあれこれ

 

リンダ・ロンシュタット

バックバンドの編成

のために

集められた機会で

グレン・フライ

ドン・ヘンリー

・・・

他のメンバーが出会い

イーグルスの結成

にいたったエピソード

 

他にも盛りだくさん

ですが・・・

お恥ずかしながら

どれもこれも

オヤジ(Robert)が

知らなかったことだらけ

 

かつ

興味深い内容ばかり

にて

最初から最後まで

Robert

細かな情報まで聞き逃すまい!

気合十分にて

終始集中しっぱなし

だったため

鑑賞後は

まあまあ疲れました。(笑)

 

ただ

音楽FANとして

リンダ・ロンシュタットのFANとしても

大満足の内容でした。

2022/4/23 トークショーの感想

先日

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

の公開を記念して

 

新宿シネマカリテさん

にて

4月23日(土)の上映

にあわせて行われた

トークショーのイベント

に参加してきました。

 

登壇者

麻田浩さん(トムスキャビン代表)

室矢憲治さん(音楽評論家)

のお二人ですが

 

お二人とも

リンダ・ロンシュタット

とは

お電話か直接にて

実際に会話したことがある

という

 

おそらく

日本人の中でも

なかなかいらっしゃらない

貴重なご経験をお持ち

の方々です。

 

お二人のお話

未知の情報のデパート状態

にて

非常に興味深い内容ばかり

でした。

 

そんな

リンダ・ロンシュタット

に非常にお詳しそうな

お二人でも

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

のなかには

知らなかった事実や映像

がみられたとか。

 

特に

昔、アメリカの現地で

リンダ・ロンシュタット

と食事をしたこともある

と言われていた

室矢憲治さん

曰く

 

本作を

是非、女性のかたに観てほしい

とおっしゃってました。

 

昔々の60年代

ほぼ男性しかいなかった

Rockの世界のなかで

女性シンガーとしての道を切り開き

成功を納め

 

そして

成功してもなお

その後の人生で

病気でリタイヤ

するまで

 

さまざまなジャンルの音楽

に挑戦し続けた

リンダ・ロンシュタットの足跡

をみてほしいと。

 

オヤジ(Robert)も

これからの時代の女性は

そうあるべきであり

志をもった女性が

自由に活躍できる世のなか

はやくなってほしい

と思うのであります。

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関する音楽情報

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

サントラ盤の情報

も気になっていたのですが

現在(2022/5/1)では

残念ながら

発売情報は見当たりませんでした

 

ただ

Web上では

Spotify

をはじめとして

tunefind

whotsong

などのサイトで

作品のなかで使用されていた

おそらく

全曲が視聴できます

Spotify情報

Spotify情報

について

参考までにupしておきます。

 曲目リスト

1. You're No Good / Linda Ronstadt
2. California Dreamin' / The Mamas & The Papas
3. Sweet Summer Blue and Gold / Stone Poneys
4. Mr. Tambourine Man / The Byrds
5. Different Drum / Stone Poneys
6. Long Long Time / Linda Ronstadt
7. She Belongs to Me / Ricky Nelson
8. Rescue Me / Linda Ronstadt
9. Desperado / Linda Ronstadt
10. Heart of Gold / Neil Young
11. When Will I Be Loved / Linda Ronstadt
12. Love Hurts / Gram Parsons
13. Lose Again / Linda Ronstadt
14. Tumbling Dice / Linda Ronstadt
15. Blue Bayou / Linda Ronstadt
16. I Never Will I Marry / Linda Ronstadt
17. It's So Easy / Linda Ronstadt
18. Get Closer / Linda Ronstadt
19. Jolene / Dolly Parton
20. To Know Him Is to Love Him / Dolly Parton
21. Cielito Lindo / Mariachi Vargas de Tecalitlán
22. La Charreada (The Charreada) / Linda Ronstadt
23. Lo Siento Mi Vida / Linda Ronstadt
24. Don't Know Much (with Aaron Neville) / Linda Ronstadt
25. Still Within the Sound of My Voice (feat. Aaron Neville) / Linda Ronstadt

全25曲


出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
エンドロールには

still within the sound of my voice

が流れていましたが

 

曲のタイトルの末尾に

(feat. Aaron Neville)

の文字があるので

あらためて

どの部分に

アーロンネヴィル

フィーチャリングされているか?

少し調べてみたのですが

???でした。

 

それはそうと

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

を鑑賞し終えてから

この曲を聴くと

 

たびたび

映像にも登場していた

いま現在の彼女の想いが溢れている感じ

がしてきて

・・・

 

劇場鑑賞したときも

そうなりましたが

思わず

・・・

グッときてしまいます。

Still Within the Sound of My Voice (feat. Aaron Neville)

Robert

その他の関連情報

として

個人的によく訪問する

タワーレコード新宿店さん

では

以下のイベント

が行われているようです。

開催期間は未定

のようですが

この連休で

近所に出かけた際は

のぞいてみようかと

思っております。

▼ 提供:TowerRecords ▼

 おすすめの曲は 9, 24, 25  Recommended songs are 9, 24, 25

Robert
今回の作品

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

で使用されていた曲

のなかから

おすすめの3曲

を選んでみると

こんな感じです。

  • 9. Desperado / Linda Ronstadt :イーグルスの名曲のカバーになります。スタジオ盤は歌い方もすこし固い印象ですが、本作のなかで登場したliveパフォーマンスは歌い方も違っていてなかなかgoodです。是非本作でcheckしてみて下さい!
  • 24. Don't Know Much (with Aaron Neville) / Linda Ronstadt:全米2位のヒットとなったアーロン・ネヴィルとのデュエット曲。短い時間ですが、80'sの曲の間奏によく出てきそうなギターソロがはいっているのもお気に入りのポイントです。
  • 25. Still Within the Sound of My Voice (feat. Aaron Neville) / Linda Ronstadt:本作のエンドロールで聴いたときの印象が選出のポイントです。曲調がサワヤカところが・・・余計に切なく・・・心にひびいてきます

曲目リストに戻る

Desperado (2015 Remaster)

見出しのTOPに戻る

リンダ・ロンシュタットのおすすめCDについて  About Linda Ronstadt Recommended CDs

リンダ・ロンシュタット

の作品に関して

特に70年代の作品

正直

これまで

あまり聴いてきませんでした

 

今回の

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

の鑑賞をきっかけに

レンタル中心

(リンダ ゴメン)

ですが

リンダ・ロンシュタットの古い作品

に関して

checkしはじめてます。

 

以下のコーナーでは

オヤジ(Robert)が

なじみのある

80年代の作品を中心

にですが

おすすめの3作品

をご紹介します。

▼ 提供:株式会社レコチョク ▼

ホワッツ・ニュー / リンダ・ロンシュタット(1983年)    What's New / Linda Ronstadt(1983)


(ホワッツ・ニュー / リンダ・ロンシュタット:クリックするとAmazon商品ページ)

Robert

リンダ・ロンシュタット

ロック・ポップスの領域から

飛びだし

最初に挑んだスタンダード作品

です。

 

本作は

スタンダードの3部作

のなかでも

リンダ・ロンシュタット

声の表情

一番のびのびしている印象

にて

 

この

スローでおだやかな

バックの演奏にひきたつ

ツヤがあって甘い感じ

にて

 

力強さも備える

リンダのボーカル

癒しの極み

でもあり

いつまでも聴き続けたくなる

正に

中毒化しちゃう1枚です

What's New?


フォー・センティメンタル・リーズンズ / リンダ・ロンシュタット(1986年)     For Sentimental Reasons / Linda Ronstadt(1986)


(フォー・センティメンタル・リーズンズ / リンダ・ロンシュタット:クリックするとAmazon商品ページ)

Robert

本作は

ホワッツ・ニュー(1983)

ラッシュ・ライフ(1984)

に続く

スタンダードの3部作の完結作品

です。

 

発売当初から

録音状態が高評価

にて

当時のオーディオ雑誌

でも

 

プロのかたがたが

オーディオcheck用

ド定番として選ばれて

おりました。

 

オヤジ(Robert)も

自分のオーディオcheck用

スピーカーの

位置や向きや高さ

など

何度も変えたりして

・・・

 

リンダのクチビルの動き

集中して

本作を少なくも

数百回は聴いている

うちに

・・・

この作品に

スッカリはまってしまいました

 

When You Wish Upon a Star


クライ・ライク・ア・レインストーム / リンダ・ロンシュタット(1989年) Cry Like A Rainstorm, Howl Like The Wind / Linda Ronstadt(1989)


(クライ・ライク・ア・レインストーム / リンダ・ロンシュタット:クリックするとAmazon商品ページ)

Robert

本作は

実に様々なジャンルの曲で構成

されておりますが

 

そのなかでも

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

にも登場した

アーロン・ネヴィルとのデュエット

4曲も収録されている

ところがポイントです。

 

その4曲 どの曲も

二人が

お互いのベスト・パフォーマンス

を引き出すような

絶妙のコラボレーション

にて

素晴らしい完成度です

 

あと、余談ですが

本作のかなに

「アディオス」

という曲が入っておりますが

今回の作品をみて

その理由が

少し理解できたような

気がしました。

Don't Know Much (feat. Aaron Neville) (2015 Remaster)

 

見出しのTOPに戻る

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関する勝手なエバリュエーション

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア"

【オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア】はこちらのページに掲載

によるエバリュエーションは

"A”

  • A : また是非みたい作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから) 含む)

となります。

 

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス 』

のなかには

一部辛いシーンもあります

 

生で観たかった

思わずみとれてしまう

Liveパフォーマンス

をはじめとした

 

リンダ・ロンシュタット

素顔や魅力

輝かしい栄光

当時の雰囲気

などが

ギュッと詰まった

永久保存版

でもあります。

 

ただ

特に序盤のシーンは

あまりにも情報満載

テンポもまあまあ早く

・・・

 

鑑賞しているあいだに

全ての情報を

自分で認識&理解できたか?

かなりあやしいです。

 

既に

本作のDVDも発売されている

ようですので

特に

Liveパフォーマンス

もう一度鑑賞してみたい

ところもあるため

日本語字幕版が発売される

のを

まちたいと思います。

Robert

でも、早くみたい!!

見出しのTOPに戻る

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』に関するパンフレットの記憶

今回の

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス 』

のパンフレットは

本作に加えて

 

『スージーQ』

『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』

3作品の合作

になっております。

 

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』『スージーQ』『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』予告編

 

オヤジ(Robert)的には

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス 』

以外の2作品も

もちろん興味があるので

今後、鑑賞予定ですが

パンフレットは

それぞれ分けて制作してほしかった

のが正直な感想です。

 

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

に関しては

14page程度

が掲載されており

そのうち

半分が劇中の画像が中心

でした。

 

残念point

としては

評論家やライターのかたの記事

他の関係者のかたのインタビュー記事

などがないところでした。

 

ただ

中心的な記事である

PRODUCTION NOTE

のコーナーでは

4pageにもわたり

本作に登場したエピソードの解説

などもあり

作品への理解が進みました

 

その他の関連情報

としては

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

には

メキシコ音楽のルーツを探る

『Linda and the Mockingbirds』

という続編があり

ジャクソン・ブラウン

も出演しているようです。

もちろん

Robert

これもcheckしなきゃですね

 

Linda And The Mockingbirds(2020)-公式トレーラー(Alt。)(HD)

 

 

見出しのTOPに戻る

▼ 提供:softbank光 ▼

編集後記~オヤジのながいはなし

今回は

永遠の歌姫

リンダ・ロンシュタット

の半生が描かれている

 

ドキュメンタリー作品

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

の感想についてや

リンダ・ロンシュタットのおすすめCD

などの

関連情報についてご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

リンダ・ロンシュタット

『ロックの殿堂』入り

まで果たした功績が

十分理解できる

 

リンダ・ロンシュタット

輝いていた足跡と貴重な映像

が体験できる

素晴らしい作品です。

 

リンダ・ロンシュタット

あまり知らないかたも

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

をみれば

男女問わず

彼女の魅力を理解すること

により

間違いなく

リンダ・ロンシュタット

のファンになるはずです。

 

そして

オヤジ(Robert)も改めて

これからも

まだ体験してない作品含めて

リンダ・ロンシュタットの音楽

を死ぬまで

沢山楽しんでいきたいと思います。

 

この記事を読んで頂きましたみなさんも

映画『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』

是非、ご鑑賞してみてはいかがでしょうか?

関連記事評判通りの感動作アカデミー賞作品賞受賞_映画『Coda コーダ あいのうた』感想文

Photo by Sincerely Media on Unsplash 第94回アカデミー賞 作品賞 助演男優賞(トロイ・コッツファー) 脚色賞 計3部門受賞作品!   映画『Coda コ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-movie
-,

Copyright© intelablog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.