movie

オヤジの映画メモリーズ『デイヴィッド・フォスター: 名曲の裏にのぞく素顔』

Free-PhotosによるPixabayからの画像

最近

オヤジ(Robert)の息子も

バイトで稼いだ金

自分で課金できる

ようになってからは

Netflixなどでみた

過去に上映された映画の感想

について

意見交換を求めてくる

ようになりました。

しかし

オヤジ(Robert)はもう

過去にみた作品の記憶

など

よほど印象に残った作品以外は

ほぼ消滅しており

その

消滅スピード

最近さらに加速し始めて

いる現状があります(汗)。

そこで

今後

どれくらい続けられるか?

ですが

TV・劇場問わず

鑑賞した映画のなかで

印象に残った作品

については

気が向いたら

オヤジ(Robert)の映画メモリーズ

として

本ブログに記録

することにしようかと

思います。

そこで今回は

オヤジ(Robert)の既鑑賞作品のなかで

初のNetflix作品

にて

出演がなんと

オヤジ(Rober)の大好きなミュージシャン

でもある

デイヴィッド・フォスター

出演のドキュメンタリー作品

『デイヴィッド・フォスター: 名曲の裏にのぞく素顔』

をPick up!

この記事では以下の内容をご紹介。

本記事の信憑性

特に映画通でもなんでもない

映画鑑賞暦40年以上!?

のオヤジ(Robert)の既鑑賞作品

に関する感想について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事を読んで

この作品鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸いです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

1. オヤジ(Robert)の勝手な感想文

本記事を読んで頂いている方のなかには

一般的な音楽ファンのかた

だけではなくて

デイヴィッド・フォスターの音楽

にご興味をおもちだったり

大好きなファンのかたも

鑑賞されると思いますが

かくいうオヤジ(Robert)も

デイヴィッド・フォスターの音楽が大好きな人間

ではあります。

ただこれまで

デイヴィッド・フォスターの

人間性やプライベート

に関しては

特に興味が無く

ゆえに

改めて調べようとも思ってませんでしたが

今回、はじめて

その全ぼうについて知る機会

になるため

多少心配しながらの鑑賞

となりました。

また、本作は

Netflixのみでの上映作品

ということで

仮に昨年(2020年)

劇場公開されていたら

おそらく観にいけず

DVDを購入していた

かもしれません。

これまでみてきた

偉大なミュージシャンたちの映画

だいたい

サブストーリー

として

暗い影の部分が出てくるしかけ

になっている印象がありますが

本作に関しては

本作のなかでは

見事にその

影の部分

「プライベート・エピソード」

のみだったので

オヤジ(Robert)的にはそれだけで

大満足でした

たとえ彼が

5回も結婚していようが

何人も腹違いの子供がいようが

彼がオヤジ(Robert)のヒーロー

であることには変わりませんし

「プライベート・エピソード」

で話題になった

「マリブの馬鹿息子」

「ビバリーヒルズのリアル主婦の人」

についても

ほぼ興味なしですね。

ただ

プライベートの彼は

本当にヒドイ(笑)ヤツ

ですね。

本作の

「彼の仕事(音楽)・エピソード」

で印象深かったのは

以下の3つのエピソードでした。

ひとつめは

①1999年のグラミーグラミー賞でのジョシュ・グローバンのエピソード

1999年のグラミーにおいて、この曲「ザ・プレイヤー」を競演したアンドレア・ボチェッリとセリーヌ・ディオンのリハーサルで、
当日リハーサルに参加出来なかったボチェッリの代役としてセリーヌ・ディオンと音合わせをし、
セリーヌ・ディオン含む関係者から大絶賛をあびたことが、アーティストとしての大きな転機となった彼。

引用元:第50回グラミー賞授賞式でアンドレア・ボチェッリと競演!  https://wmg.jp/joshgroban/news/7924/

YouTubeの映像は

正にデイヴィッド・フォスターが発掘した

当事者二人でもある

二つの原石によるケミストリーのようなデユエット

いつ聴いても素晴らしいです。

Celine Dion & Josh Groban Live "The Prayer"

ふたつめは

故ホイットニー・ヒューストンが出演した

映画『ボディガード』の主題歌

「I Will Always Love You」のアレンジにつてのエピソード

です。

デイヴィッド・フォスターの拘りが

ここでも炸裂しているのですが

結果的には

彼がおれたかたちで決着した結果

この曲は予想外のヒットなったくだりなど

詳細は

是非映画で確認してみてください

この曲のYouTube動画で

オフィシャルで公開されているものは

肝心のイントロのアカペラ部

カットされてますね。(残念)

The Bodyguard • I Will Always Love You

それから最後は

シカゴの「シカゴ16」を作成したときのエピソード

です。

オヤジ(Robert)が大学生の時に

オンタイムでこの作品を聴き

シカゴの音楽の変容ぶりに驚き

その理由について

ちまたでも

当時いろいろ噂されたり

TV番組「ベストヒット・USA」の

小林克也氏が解説していた内容も

記憶にあります。

シカゴのメンバーはじめ

関係者たちによって

次々に語られる

デイヴィッド・フォスター

才能はもちろんですが

当時売れっ子だった

彼のゴーマンブリ

オヤジ(Robert)のなかでは

想定内ではありましたが

あるいみの彼の

拘りの強さ

想像以上のものでした。

Hard to Say I'm Sorry (2007 Remaster) · Chicago

2 オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア"

による判定結果は

"A”

となります。

作品の構成が

「プライベート・エピソード」

「彼の仕事(音楽)・エピソード」

が交互に

それも細切れに出てくるので

何の話がどんな内容で終わったか?

オヤジ(Robert)は

一度みただけでは全て把握できませんでした。

従って

感動したから

ということではなく

内容をcheckするためにもう一度鑑賞したい

ということです。

■【オヤジ(Robertのクライテリア】

映画や音楽は

受け取る側の気分や状況によって

印象が変わるものだと思います。

ただ、もう一度みたいか?みたくないか?

は直感で判断はくだせそうだ!

ということで

適当にクライテリア(判断基準)

をつくってみました。

*今後また見直すかもしれません

  • A : また是非みたい作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから) 含む)
  • B : まあ、機会があればみてもいいかもの作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから)含む)
  • C : 残念ですが、多分もうみる予定がない作品(個人的な理由(あまり良い印象が無い/内容が共感できない) 含む)

3. Netflixについて

今回、初めて利用させて頂きました

Netflixですが

音楽関連のラインナップが凄いですね!!

・クインシー・ジョーンス

・マイルスデイビス

・キースリチャーズ

・ローリング・ストーンス

・ショーン・メンデス

・ビヨンセ

・・・

もうオヤジ(Robert)的には涎ものです。

また

音楽以外でも

オリジナルの作品などで興味をそそるものも多数あり

作品リストをみているだけで

非常に勢いを感じました

アカデミー賞への影響度も頷けますね。

このコロナの世界では

しばらくこの勢いは続くと思いますので

オヤジ(Robert)も継続して加入したところですが

映画好きのオヤジ(Robert)は

WOWOWにも加入している

ので

両方の番組の作品をcheckするのは

ほぼ無理です。

では、どちらを選ぶか??

悩みどころですね。

この記事を読んで頂きましたみなさんも

音楽好きのかただけではなく

アメリカのあるダメダメオヤジの映画

としても楽しめる本作を

是非、ご鑑賞してみてはいかがでしょうか?

関連記事オヤジのヒーロー”デイヴィッド・フォスター”   My Hero ”David Foster”

Photo by Pelayo Arbués on Unsplash オヤジ(Rober)が AORというジャンル を開拓するきっかけになった存在 でもあり 先日の記事で pick upさせて頂きまし ...

続きを見る

▼【スタディング】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-movie
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.