movie

リチャード・ウィリアムズが成し遂げた数々の偉業とは?_映画『ドリームプラン』感想


Photo by Daria Sheveleva on Unsplash

第94回アカデミー賞

作品賞

主演男優賞(ウィル・スミス)

助演女優賞(アーンジャニュー・エリス)

をはじめとする

 

計6部門にノミネート

で話題の

映画『ドリームプラン』

の感想と

本作の関連情報

について

まとめてみました。

Robert
以下、記事のポイントになります。

ポイント

映画『ドリームプラン』に関する勝手な感想文

その他のリチャード・ウィリアムズ関連情報

”大坂なおみ”の活躍もリチャード・ウィリアムズの偉業です

『ドリーム プラン』のVOD配信状況

『ドリーム プラン』のサントラ情報

『ドリームプラン』に関するにパンフレットの記憶

ところでRobertってなにもの
マサマサ

本記事の信憑性

特に映画通でもなんでもない

映画鑑賞暦40年以上!?

CD800枚以上コレクション

音楽大好き

の技術系サラリーマン

オヤジ(Robert)による

既鑑賞作品に関する感想

について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事を読んで

『ドリームプラン』

鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸せです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

▼ 株式会社U-NEXT ▼

映画『ドリームプラン』に関する勝手な感想文

映画『ドリームプラン』日本版予告 2022年2月23日(水・祝)公開

『ドリームプラン』

リチャード・ウィリアムズ

という

ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹

 

自身の過去の経験

からくる

屈強に生きるための

拘り

 

スピリッツ

が軸の

決して諦めず

揺らぐことのない

独自の子育て理論

を続けて

 

世界チャンピオン

に育てあげた

父親である男の物語

です。

 

オヤジ(Rober)が

前評判や予告情報

から

この作品を通じて

知りたかったこと

 

Robert

ウィル・スミス

演じる

リチャード・ウィリアムズ

という人物は

どのような人物なのか?

 

そして

 

Robert

リチャード・ウィリアムズ

が成し遂げた

どんなことが

テニスで勝つために重要なのか?

がありました。

 

本作でも描かれていましたが

リチャード・ウィリアムズ

という人物は

 

その通常

想像される

指導や常識的な理論を超えて

テニスを頭で理解して

研究もして

でもプレーはしなかった。

 

という

正に

全くの想定外の思想にて

テニスに対峙し

 

そして

演技のなかではありましたが

自分の娘の

テニスコーチの指導中に

大胆に介入して

自分の考えを連呼する頑固さ

 

その行動

振る舞いは

あらためて衝撃

 

作品をみて

さらに さらに

リチャード・ウィリアムズ

という人物に

興味がわきました

 

その後の調査にて

Web上で掲載されていた内容

ですが

 

別項

「その他のリチャード・ウィリアム関連情報」

でご紹介しておりますので

ご興味ありましたら

是非ご覧ください

 

また

テニスの

最も基本的なことのひとつ

となる

ボールのうちかたのスタンス

でもある

リチャード・ウィリアムズの拘りのひとつ

リチャード・ウィリアムズの拘り

のなかの一つに

テニスでボールを打つ際に

オープンスタンス

にすること

などは

 

テニス暦30年

のオヤジ(Robert)も

丁度

映画が進行している年代

 

クローズドスタンス

から

オープンスタンス

 

ボールの打ち方を変えていくプロセス中

にあったので

懐かしくもあり

その大胆さが

リアルに伝わってきました

リチャード・ウィリアムズのユニークな指導のエピソードは少なめの印象

『ドリームプラン』

少し残念だった

のは

 

予告編などでも

ハイライトされていた

テニスに関する

その

リチャード・ウィリアムズ

による

ユニークな指導

エピソードやシーン

思ったより少な印象にて

 

何故あそこまで

ウイリアムズ姉妹二人

強くなれたか?

 

に関する

プロセスや説得力

という点では

納得がいく描写

が無かったので

 

テニスで勝つために重要なこと

への答えが

オヤジ(Robert)のなかで

少しモヤモヤしてしまった

ことでした。

 

ただ

ここまで

大胆な行動をとらないと

夢というものは

そう簡単にはかなわないもの

ということも

 

リチャード・ウィリアムズ

この作品のエピソードを通じて

身をもって教えてくれている

ように感じます。

製作スタッフにウィリアムズ・ファミリーが参加してます

『ドリームプラン』

製作スタッフの話題

では

製作総指揮

ビーナス・ウィリアムズ

セリーナ・ウィリアムズ

のお名前があり

 

さらに

二人の姉

でもあり

マルチメディア・映画プロデューサー

の肩書をお持ちの

イーシャ・プライス

のお名前もあったので

 

本作には

二人のお墨付き

というか

細かな描写

はもちろん

家族の想いが込められている

ことは

間違いなく

 

作品のなかで

ウイリアムズ姉妹

を演じた

二人の役者による

テニスのショット

 

シロート目でも

かなり本格的なもの

二人が

かなり訓練されたことが伺え

 

試合のシーン

などの描写も

緊張感が伝わってくる内容

でしたので

 

リアルな物語

として

作品のなかに没入

できて

非常に楽しめました

 

その他のリチャード・ウィリアムズ関連情報

リチャード・ウィリアムズ

について

Web上の情報

を調べてみると

いろいろありましたので

以下に参考までに共有します。

"headline headline--single">Serena and Venus’ dad raised champs using these ‘unorthodox’ methods
出典:NEW YORK POST

URL:https://nypost-com.translate.goog/2021/11/16/how-richard-williams-turned-venus-and-serena-into-tennis-legends/?_x_tr_sl=en&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=op,sc

この記事は

『ドリームプラン』

のリリースに関する記事で

作品でも描かれている

 

リチャード・ウィリアムズ

の数々の言動

監督のコメント

などが紹介されています。

Black and White: The Way I See It (English Edition) Kindle版

(Black and White: The Way I See It (English Edition) Kindle版 :クリックするとAmazon商品ページ)

正に

この本の中に

リチャード・ウィリアムズ

による

人生における成功ためのメソッド

が記録されております。

 

Amazonの紹介page

でも

高評価のコメント

がならび

興味深い宣伝文

も気になります。

 

オヤジ(Robert)的には

リチャード・ウィリアムズ

について

もう少し知りたい

ところもあり

 

間違いなく必読対象

ではあるのですが

オヤジ(Robert)の

現在の英語力

では

おそらく

ディテールの理解は難しく(涙)

 

是非

出版社のかたには

翻訳版の出版

を切望いたします。

 

もし

貴方の家族に

二人の小さなお子さん

がいらっしゃるようでしたら

今すぐ読むしかないでしょう!

Richard Williams on raising champions

大分昔に録られた

おそらく

先ほどの

本の内容についてのインタビュー映像

ですが

 

インタビューの内容

に関しては

細かいニュアンス

はもちろん

 

オヤジ(Robert)の

現在の英語力

では

やはり正しく理解する

のは難しく

 

Youtube

文字おこしによる翻訳機能

概要はだいたい把握できる

レベルです。

 

この映像に登場する

坦々と語る

リチャード・ウィリアムズ

 

表情や回答している内容

などは印象的で

何となくクセが強そう

だったり

 

穏やかな感じですが

悟っているかのような

坦々としたコメント

などからも

頑固度の高さ

などは

十分伝わってきます

▼ 提供: 株式会社エムティーアイ ▼

“大坂なおみ“の活躍もリチャード・ウィリアムズの偉業です

大坂なおみ選手を世界一のプレイヤーに育てた「家族の存在」
幼い頃の大坂選手のコーチを務めた父は、なんとテニス未経験だったそう!

出典: COSMOPOLITAN                URL:https://www.cosmopolitan.com/

その後

Web上で見つけた

この記事

によると

 

大阪なおみ

の父でもある

ハイチ系アメリカ人の

レオナルド・フランソワさん

 

リチャード・ウィリアムズ

指導法に従って

ビデオを見て

 

娘たちに

1日に

何千ものボールを打たせた

こともあったそうな。

 

そして

父はテニス未経験者

子供である

姉妹二人がプロでテニスしている

完コピなところも

驚きです。

 

また

大阪なおみ

憧れの存在として

セリーナ・ウィリアムズ

をあげていた

記憶もあります。

 

従って

リチャード・ウィリアムズ

がいなかったら

”大阪なおみ”

もいなかった

ということになりますね。

 

そういう意味でも

大阪なおみ

の活躍も

リチャード・ウィリアムズ

という人物が

成し遂げた偉業のひとつ

であることは

間違いありません。

関連記事大阪なおみテニス生初観戦記「東レパンパシ_アリーナ立川立飛」2018/09/22

Photo by Filip Mroz on Unsplash 本日(9/22(土) 東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2018 シングルス 準決勝 ダブルス 決勝 観戦してまいり ...

続きを見る

『ドリーム プラン』のVOD配信状況

映画『ドリーム プラン』

既にVODで配信されております

 

VOD配信に関する

最新情報について

他の作品の状況

とあわせて

以下の記事でご紹介しております。

関連記事【2022年夏編】洋画好きが調査!VOD配信状況とケース別おすすめVODサービス(比較表あり)

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash 洋画を楽しむのに、おすすめのVODサービス教えて!マサマサ 当ブログにて これまで 映画の感想と一緒にご紹介 して ...

続きを見る

『ドリーム プラン』サントラ盤情報

『ドリーム プラン』

サントラ盤情報

について

以下にまとめてみました。

作品情報「King Richard (Original Motion Picture Soundtrack) / クリス・バワーズ 」

(King Richard (Original Motion Picture Soundtrack) / クリス・バワーズ :クリックするとAmazon商品ページ)

・タイトル:King Richard (Original Motion Picture Soundtrack
・発売年:2021
・フォーマット MP3 ダウンロード
・レーベル: ???

 曲目リスト

01. Family Dinner
02. The Plan
03. Unexpected
04. Hitting
05. Practice
06. First Match
07. Carbon Mesa
08. That's Our Job
09. Fired
10. So You Wanna Play?
11. Court Day
12. Stafford
13. Both Girls
14. Venus vs. Vicario
15. First Set
16. Vicario
17. Match
18. Family /(以上)クリス・バワーズ
19. Be Alive (From the Motion Picture “King Richard”)/ ビヨンセ

 

全19曲


出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert

『ドリーム プラン』

の音楽は

映画「リスペクト」

なども手掛けた

 

クリス・バワーズ

が担当している

ところも注目ですが

内容は

インスト中心

 

第94回アカデミー賞

歌曲賞

にノミネート

されている

Be Alive / ビヨンセ

以外は

劇中歌などは挿入されておらず

 

amazon情報

では

ストリーミング

mp3のダウンロード

による提供のみ

のようです。

 

劇中歌情報

としては

映画の時代も

80年代~90年代の内容

なので

 

ジャーニー

Only the Young

(Greatest Hits / Journey :クリックするとAmazon商品ページ)

が出てきたり

 

幼いときの

ウイリアムズ姉妹

ホイットニーの

グレイテスト・ラヴ・オブ・オール

(Whitney Houston / Whitney Houston :クリックするとAmazon商品ページ)

を口ずさむシーン

もあったりと

 

馴染みの曲も多い印象

でしたので

調査してみると

sptify

おそらく

全曲まとめてlist化

されている感じでした

ので

そのlistをupしました

 

最近の作品

では

ほぼ ほぼ

sptifyでlist化されている

ので

 

仮にCD発売されて

いても

購入前に試聴できる

感じで便利ですね。

 

以下の

主題歌「Be Alive / Beyonce」

の映像は

作品を回想できる

素晴しい編集内容

になっております。

 

Beyoncé – Be Alive (Original Song from the Motion Picture “King Richard”) (Official Lyric Video)

 

『ドリームプラン』に関する勝手なエバリュエーション

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア"

【オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア】はこちらのページに掲載

によるエバリュエーションは

"A”

  • A : また是非みたい作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから) 含む)

となります。

 

リチャード・ウィリアムズ

という人物について

オヤジ(Robert)のなかで

まだまだ

理解できてない部分

も多く

 

多分

本作を何回みても

全部は理解できない

かもしれませんが

 

同じ人間として

父親として

家族を守るため

 

その

貫いた人生は

もう一度確認&鑑賞してみたい

非常に興味深い作品です。

見出しのTOPに戻る

▼ 提供:エイベックス通信放送株式会社 ▼

★洋画

『ドリームプラン』に関するパンフレットの記憶

今回の

『ドリームプラン』

のパンフレットの感想は

久々に充実していた内容

でした。

 

やはり

メインは

INTERVIEWのコーナー

に掲載されていた

ウイル・スミス

のインタビュー記事

でしょうか。

 

そのなかでも

「なぜリチャード・ウィリアムズを

演じたいと思ったのか?」

非常に興味深い内容

でした。

 

記事によると

ウイル・スミス

ある様子

 

世間の人たちにみせてあげたかった

らしいのですが

彼は確かに劇中で

(だいたい中盤くらいに)

そのシーンを

見事に演じてらっしゃいます。

 

少々ズルイですが

詳細は

是非

作品で確認してみて下さい。

 

また

記事の内容から

ウイル・スミス自身

この家族の物語

から

学んだことが沢山ある

ようで

 

同じアメリカ人としても

『ドリームプラン』

興味深い内容

であることが伺えます。

 

さらに

HISTORYのコーナー

VENUS & SERENAの偉業

を年表のように

年代をおって記録されている表記

 

これまで

二人の姉妹の試合をみて

テニスを楽しんできた

オヤジ(Robert)自身の

歴史と重なる内容

になるため

 

そのひとつひとつの出来事

をみていると

当時の思い出や感情も回帰

する

素晴らしい自分へのプレゼント

にもなりました。

 

さらに さらに

SPCIAL INTERVIEWのコーナー

では

オヤジ(Robert)のヒーロー

でもあり

本作で

字幕鑑賞を担当

された

 

伊達公子 氏

による

インタビュー記事もあり

 

彼女の感想も

試合の描写のディテール含め

本作を絶賛

されていたので

本作の完成度の高さ

を証明しているようです。

 

個人的にも

伊達さんのインタビュー記事

にもありましたが

ビーナス・ウィリアムズ

と対戦した

当時世界ランク1位の

アランチャ・サンチェス・ビカリオ

 

風貌やプレースタイル

ショットのエグさ

含めて

笑ってしまうくらい

特徴をつかまれていた点

もpoint高いです。

 

加えて

東京2020オリンピック

日本女子バスケット

銀メダルに導いた

 

トム・ホ-バス氏

による

コーチという視点から

本作に対するコメント

の新鮮さや

 

監督の

レイナルド・マーカス・グリーン氏

メジャーリーグのトライアウト

を受けている

アスリートでもある

情報など

 

本作内における

アスリートの内面

含めた

試合の場面のリアルさ

などを裏付ける

頷ける内容が沢山あります

見出しのTOPに戻る

▼ 提供:U=NEXT ▼

編集後記~オヤジのながいはなし

今回は

映画『ドリームプラン』

に関する内容として

・「ドリームプラン』に関する勝手な感想文

・その他のリチャード・ウィリアムズ関連情報

・”大坂なおみ”の活躍もリチャード・ウィリアムズの偉業です

・『ドリーム プラン』のVOD配信状況

・『ドリーム プラン』のサントラ情報

 

など

ご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

映画『ドリームプラン』

第94回アカデミー賞

作品賞をはじめとする

6部門でノミネート

されている作品

ということで

 

正に

先日、記事にもしました

映画『ドライブ・マイ・カー』

ライバルになること

間違いありません!

 

テニスファン

としては

『ドリームプラン』

をきっかけに

 

また

テニス界が盛り上がってくれる

のを

期待しているのですが

 

一方

映画『ドライブ・マイ・カー』

にも

是非とも

偉業を成し遂げてほしい!

 

ということで

ワクワクのなか

迎えた

第94回アカデミー賞

でしたが

 

本作では

ウィル・スミス

見事に

主演男優賞

を受賞されました。

 

ウィル・スミス

アカデミー賞

今回が初受賞だった

のは意外でしたが

 

今回の演技が

リチャード・ウィリアムズ

ハイレベルで演じきった

ことは証明されました

 

ので

リチャード・ウィリアムズ

を理解するうえでも

本作は教科書になりますね。

 

ただ

授賞式では

ウィル・スミス

別の話題

で注目されたのは

少々残念な出来事でしたが

 

この記事を読んで頂きましたみなさんも

映画『ドリームプラン』

是非、ご鑑賞してみてはいかがでしょうか?

関連記事舞台も人間関係も人生もドライブしていくのは人 映画『ドライブ・マイ・カー』感想文

第94回アカデミー賞 日本映画史上初 の 作品賞をはじめとする 4部門でノミネートの快挙!!   映画『ドライブ・マイ・カー』 の感想と本作の関連情報 についてのまとめの記事です。 Robe ...

続きを見る

スポンサーリンク

-movie
-, , ,

Copyright© intelablog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.