music

オヤジ シティポップと再会する Oyaji reunites with City Pop

Photo by A G on Reshot    https://www.reshot.com/

先日

知人にたまたま教えてもらった

chill music

( relaxing, cold and pleasant to the ears)

なる音楽がどんな音楽か?

YouTubeで

いろいろ曲を探しているうちに

YouTube page内右端の

「次の候補の動画」

のところに何やら

懐かしい曲がズラリ!!

並んでいるのを発見!

曲のタイトルにも

「Japanese city POP」

(ジャパニイズ シティポップ)

なる文字があちこちに

それも

どれも数十万回の視聴回数!!

今回は

先日たまたまYouTubeでみつけた

"シティポップ"の盛り上がり

について。

約40年前の80'Sの良品

洋楽だけにあらず

灯台下暗し

にて

実は良品は身の周りあふれていた

という事実。

この記事では以下の内容をご紹介。

本記事の信憑性

CD800枚以上コレクション

音楽大好きサラリーマン オヤジの

備忘録的内容になっております。

[/st-mybox

この記事を読んで

"シティポップ"聴いてみようかな?

と思ってくれたらオヤジ(Robert)幸いです。

1.時代を超えて評価される良品"シティポップ"About the good product "City Pop" that is valued over time

先日たまたまyoutubeでみつけた

「Japanese city POP」

たちですが

その中でも衝撃なのが

あの

「竹内まりや」さんの「 PLASTIC LOVE」

が凄いことになっとりました。

違法?っぽいものも含めて

チャンネルによっては

何と

視聴回数が数千万回超え!!!

「 PLASTIC LOVE」

カバーも邦洋みだれ

あちこちでUPされており

動画へのコメント

最近のものも多く

そのほとんどは外人さん

最近、数十年ぶりに

再勉強中の英語力をいかし

しばらく

そのコメントたちをみまくってました

どれも

アニメの動画と一緒に編集されているので

それが興味をひいているか?

と思いきや

評価は楽曲に対するものがほとんど

それもほぼ

好評価の内容ばかり

その中でも印象的なものが

It also gives people a hint of nostalgia for a time they’ve never experienced anything

(引用元:Youtube)

海の向こうの方々にも

それが伝わってるんですね。

これは、オヤジ((Robert)が

既に周回遅れの感

がありますが

Robert
"シティポップ"が数年前くらいからきてます!!

2."シティポップ"のkey man"Night Tempo"さん かなりマニアックです  "City Pop" key man "Night Tempo" is quite a maniac

Web上の

"シティポップ"

の関連記事を確認していくと

2017年くらいから

掲載があり

(どうも私がブームにかなり取り残されていたようで)

昨年(2019年)

ある盛り上がりにより

記事が沢山掲載されている

ようですが

このブームの火付け役

になっているのが

(これもお恥ずかしながら今回初めて知りました)

韓国人の”Night Tempo””さん

"シティポップ"の世界的なムーブメント

の中心人物だそうな。

その”Night Tempo””さん

かなり謎な部分が多い

のですが

昨年(2019年)は

年に1度の国内最大級のロックフェステイバル

フジロックにも出演

しておりました。

昨年11月末から日本6都市で

「Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ・ツアー」

を開催するなど

世界だけでなく

日本国内での人気もかなりあり

先日は

TBS「マツコの知らない世界」

というTV番組で

【昭和ポップスの世界】

なんて特集が放映され

Night Tempoさんも少しVに映ってましたね。

以下の彼(”Night Tempo”さん)

のインタビュー記事にあります。

(前文省略)”昭和”がただの元号ではなく、あらゆる昭和の雰囲気、イメージとして認知されるように自分の音楽性である「昭和グルーヴ」を今よりさらに先に進めていきたいなと思っています。

引用元:「Night Tempoとは“昭和グルーヴ”から生まれる新たなジャンル」Night Tempoが切り開くフューチャーファンクの未来  block.fm › news › nighttempo_interview written by Jun Fukunaga

などのコメントからも

彼の活動は単なる商業的なものでもなく

"シティポップ"を愛してくれている

ことがうかがえます。

実は少し前にも

「コロナでも安全に家で楽しめる!
昭和グルーヴのオンライン・イベント、今夜です。今夜はネオ昭和だ!!」

というタイトルで以下のご自身のサイトにて

Night Tempo

出典:Night Tempo YouTubeチャンネル

特別DJ配信されたりしていましたので

私も1度参加しましたが

内容がかなりマニアックにて

当時

オンタイム

しかも日本で聴いていたはずの

日本人

オヤジ(Robert)が

ほぼついていけませんでした。(汗)

でも少し前にUPされていた動画の

中森明菜さんの「スローモーション」

Akina Nakamori - Slowmotion (Night Tempo Edit)

八神純子さんの「みずいろの雨」

Junko Yagami - Mizuiro no Ame (Night Tempo Showa Groove Mix)

のフィーチャリングは

オヤジ(Robert)的には

非常に嬉しかったなあ~

あと

角松敏生さん

についても

以下の記事で

彼の音楽を観て聴いて、いつか僕もそういう音楽をやりたいなと思ってます

引用元:Qetic(けてぃっく) Interview:Night Tempo

というコメントもあり

Twitterでも

彼のツイッターの記事

出典:マイ・ゴッド、角松敏生 マスターピース カセットテープ コレクション

公開されている

カセットテープのコレクションの情報

などからも

かなりの角松敏生さん通らしい

ですね。

*「カセットテープ」については以下の関連記事参照

関連記事オヤジのおすすめ "カセットテープミュージック"コレクション

Photo by Eric Nopanen on Unsplash 過去の記事で 「シティポップ」 を話題にしたときに 日本のシティポップを 世界に広く知らしめてくれた "Night Tempo"さん ...

続きを見る

確かに、ここ数年の新宿や渋谷の

タワレコの邦楽の”シティポップ"コーナー

洋楽AORコーナー

何故か?充実してきた

ことが

実は国内だけでなく

海外からのお客様もターゲットにしている

ことなどの情報もあり

改めて"

シティポップ"へのニーズ

国内外で

ジワジワ高まってきている

ことを感じます。

オヤジ((Robert)の中での

とりわけ

日本における"シティポップ"とは

約40年前に出会った

"シティポップ"の名盤 

のジャケットに描かれた

鈴木英人さんのジャケット

(FOR YOU/山下達郎:クリックするとAmazon商品ページ)

とこの名盤にはいっている

"シティポップ"の名曲

たち

そして

季節の夏

が完全に一体となり

Robert
夏の海岸線をドライブしながら聴く曲

といえば

80'Sの"シティポップ" & AORでしょ!

というイメージが

オヤジ(Robert)の中で

きずかれました。

関連記事オヤジはAORという音楽が大好きです I love AOR

Photo by Elijah Hail on Unsplash 日々の生活で 音楽を聴かない日が無い という ある意味 異常な日常(苦笑)を 若かりしころからおくってきた オヤジ(Robert)では ...

続きを見る

3.オヤジのおすすめの"シティポップ"の1枚      One of my father's recommended "City Pop"

今でも

夏の季節になると

達郎さんの楽曲

をはじめ

AOR的な音楽を

オヤジ(Robert)の耳が欲しがります。

そんな

AOR~"シティポップ"の作品

のなかで

今だに

夏の季節になると必ず聴いてしまう作品

はやまのようにあるのですが

その中から1枚を選ぶとなると・・・

今回

かなり難しい選択

となりまして

迷いに迷い・・・最後に

Robert
これは冬に絶対聴かないかも!?

ということで

タワレコでもよくみる人気シリーズ

「Light Mellow」シリーズ

の中の1枚をご紹介。

3.1. CD情報 (参照:Amazon)   Light Mellow 稲垣潤一/ 稲垣潤一

(Light Mellow 稲垣潤一/ 稲垣潤一:クリックするとAmazon商品ページ)

・タイトル:Light Mellow 稲垣潤一
・発売日:2014/11/5
・フォーマット CD
・レーベル: ユニバーサル ミュージック

3.2. 曲目リスト

1. Thank you for the music
2. Too much happiness
3. オーシャン・ブルー
4. Memories
5. Rainy Wednesday
6. バチェラー・ガール
7. 恋するカレン
8. September Kiss
9. 小さな奇蹟
10. Everyday's Valentine -想い焦がれて-
11.愛のスーパー・マジック
12. 愛は腕の中で
13. YOUR LIFE
14. Get Back To Myself
15. サザンクロス
16.ロング・バージョン
17.夏のクラクション
18.SHINE ON ME
全18曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
稲垣潤一さんのコンビ盤

はいろいろありますが

本作は

夏にきく作品としての選曲

アルバムとしての構成も

オヤジ的には気に入っております。

▼「提供:softbank光』▼

4. おすすめの曲は 3、6、17  Recommended songs are 3、6、17

Robert
おすすめは、3、6、17。ポイントはこんな感じ。
  • 3. オーシャン・ブルー:キタキタ!!!・・というイントロのフレーズ この音楽聴きながら何度海をみたことか・・・
  • 6. バチェラー・ガール:歌詞から想像するに悲しい歌のはずなのに、イナジュンの声と降り続く雨のようなリズムでつくられる なぜか?心地よい世界
  • 13. 夏のクラクション:夏の終わりの切なさを語るイナジュンの代表曲
    海 クラクション 波 瞳閉じる  さまざまな夏のシーンを連想させるkeywordに  つい昔の想い出が・・・

曲目リストに戻る

 4.”stay with me / 松原みき” forever          "Stay with me / Miki Matsubara" forever

さて

先ほどの

YouTubeの"シティポップ"の盛り上がり

に話題をもどしますが。

その後

YouTubeの画面右端の

オススメ動作に出てくる作品をみていると

何とこの名曲も

同様のフィーバー状態で驚きました!

真夜中のドア STAY WITH ME

(松原みき / 真夜中のドア STAY WITH ME:クリックするとAmazon商品ページ)

それも

視聴回数が200万超え!!

(6月は100万程度でしたが)

オヤジ(Robert))が約40年前

(もうこのフレーズ不要かもですが)

ラジオの深夜放送

この曲が

毎日のようにかかっていて

寝落ちそうなときに流れていた

オヤジの子守歌のような存在

でもあります。

この曲がまた

海外の方々から

高評価のコメントの嵐!!!

そのコメントを読んでいて

今回

・・・彼女が亡くなっていたことを

知りました。

それも44歳という若さで

この歌を何度も聴きながら

海外からの彼女の死を惜しむ声

彼女の歌と楽曲へ称賛の嵐!!!

don't worry milady, we are staying here listening to your song.

(引用元:Youtube)

何て書き込み見ちゃったら

・・・。

早速

昔購入した

彼女のファーストアルバムのリマスター盤

をひっぱり出し

4.1. CD情報 (参照:Amazon)   Pocket Park / 松原みき

(Pocket Park / 松原みき:クリックするとAmazon商品ページ)

・タイトル:Pocket Park
・発売年:1990年
・フォーマット CD
・レーベル: ポニーキャニオン

4.2. 曲目リスト

1. 真夜中のドア/Stay With Me
2. It’s So Creamy
3. Cryin’
4. That’s All
5. His Woman
6. Manhattan Wind
7. 愛はエネルギー
8. そうして私が
9. Trouble Maker
10. Mind Game
11.偽りのない日々

全11曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Remaster

でさらによみがえった

彼女の楽曲たちを聴きながら

昔 彼女の

キュートな歌声で表現される大人な歌詞

をおいかけていた

当時をかい想♪

改めまして、ご冥福をお祈りします。

5. まとめ   Summary

最近では

以下のようなWebのNews記事もあり

”シティポップ”の盛り上がり

実は

今がpeak

であることも実感。

2020.11.19M-ON! MUSIC NEWS

1979年リリースの日本のシティポップの名曲が、まさかの世界47ヵ国でTOP10入りの快挙!

出典:M-ON! MUSIC NEWS

さきほどの曲

(松原みき / 真夜中のドア STAY WITH ME)

しかり

良いものは 良いと

時代を超えて

国境を超えて

評価される時代

になったんですね。

もちろん

オヤジ(Rober)も

Robert
死ぬまで"シティポップ"聴き続けたい!!

と思います。

 

この記事を読んでいただきました皆さんも

ぜひ一度"シティポップ"を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この度は 長文にお付き合い頂き

誠に有難うございました。

関連記事オヤジのカセットテープ・メモリーズ「山下達郎」 "TATSURO YAMASITA"

Photo by Ishan @seefromthesky on Unsplash 今回は オヤジのカセットテープ・メモリーズの続編。 80年代当時 レコードプレーヤーも無く 中学入学のお祝いの定番で ...

続きを見る

▼【スタディング】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-music
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.