movie

"クイーン オブ ソウル"アレサ・フランクリンの伝記的作品 映画『リスペクト』感想


Photo by Haley Rivera on Unsplash

 "クイーン オブ ソウル"

でもあります

故 アレサ・フランクリン

伝記的作品

映画『リスペクト』

の感想と

本作の関連情報

について

まとめてみました。

Robert
以下、記事のポイントになります。

ポイント

『リスペクト』に関する勝手な感想文

アレサ・フランクリンのヒット曲『ナチュラル・ウーマン』ストーリー

『リスペクト』に関するにパンフレットの記憶

ドキュメンタリー映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』は『リスペクト』みてから鑑賞するのがおすすめです

ところでRobertってなにもの
マサマサ

本記事の信憑性

特に映画通でもなんでもない

映画鑑賞暦40年以上!?

の技術系サラリーマン

オヤジ(Robert)による

既鑑賞作品に関する感想

について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事を読んで

『リスペクト』

鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸せです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

『リスペクト』に関する勝手な感想文

『リスペクト』予告 <2021年11月5日(金)公開>

今回も

家族でのお出かけは控え

ボッチ鑑賞

でした。

感想としては

とにかく

アレサ・フランクリン

を演じた

主演の

ジェニファー・ハドソン

パフォーマンスの素晴らしさにつきる作品

でしたが

そこがご納得いかないかたは

真逆の感想

になるかもしれません。

15年前

映画「ドリームガールズ」(2006年)

でのパフォーマンスでの感動

も記憶にあたらしく

本作も同様に

ジェニファー・ハドソン

が存在しなければ

本作の完成度には

到底到達出来なかった

であろうし

その歌声もさることながら

たまに見せる表情も

アレサにかなり似ている部分

があり

リアルに

当時の

アレサの人生を体験しているような

そんな旅につれていってくれます。

オヤジ(Robert)的には

アラバマにある

映画にもなった

マッスル・ショールズ

Fame Studioの場面で

「I Never Loved A Man」(The Way I Love You)」

「Respect」

というヒット曲が

スタジオ・ミュージシャンによる

セッションを通じて創造されるシーン

緊張感もリアルで

一番のワクワクポイント

でした。

また

既に

YouTube

でも

ジェニファー・ハドソン

のパフォーマンス映像が

何曲かUPされてますが

アレサ・フランクリンの名曲を熱唱! 映画『リスペクト』「Think」歌唱シーン映像

 

ジェニファー・ハドソン、アレサ代表曲「Respect」を熱唱!映画『リスペクト』本編映像

個人的な意見としては

やはり

サプライズも

若干減少するかもですので

これらの映像は

本作を鑑賞されたあとに

みたほうが

いかもしれませんね。

▼ Amazone.co.jp ▼

見出しのTOPに戻る

アレサ・フランクリンのヒット曲『ナチュラル・ウーマン』ストーリー

アレサ・フランクリン

の1968年のヒット曲

『ナチュラル・ウーマン』

キャロル・ キングが提供したもの

であることは

ご存知のかたは

多いと思いますが

キャロル・ キング

この曲を

ご自信の作品でもある

『つづれおり』(1972年)

にも

セルフカバーで挿入

しているので

数あるご自身の曲のなかでも

お気に入りの1曲

と思われますが

この曲が

時を隔てて

2015年

キャロル・ キング

が栄誉を手にした

ケネディ・センター名誉賞祝賀公演

サプライズで

アレサ・フランクリン

によりパフォーマンスされる

という映像が

本作のエンドロール前で流れました

オヤジ(Robert)的にも

サプライズ

思わず・・・

劇場で涙**壊となり

自宅にもどってからも

何度かこのYouTube映像

みいっちゃいました。

Aretha Franklin sings "(You Make Me Feel Like) A Natural Woman"

『 リスペクト』に関する勝手なエバリュエーション

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア"

【オヤジ(Robert)の勝手なクライテリア】はこちらのページに掲載

によるエバリュエーションは

"A”

  • A : また是非みたい作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから) 含む)

となります。

現在

『リスペクト』

をみてから

ドキュメンタリー映画

『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』

をみたあとの状態ですが

後者の作品で

アレサ・フランクリン

バリバリ脂がのっている状態

を確認できたので

あまり良くないですが

比較してみたい部分もあるため

やはりもう一度

ジェニファー・ハドソン

のパフォーマンスをみてみたい

という

欲求がわいてきました。

▼ 提供:U=NEXT ▼

見出しのTOPに戻る

『リスペクト』に関するパンフレットの記憶

今回のパンフレットは

まあまあの内容でした

特に興味深かったのが

本作の監督

である

リーズル・トミーのインタビュー記事

でした。

黒人女性監督として

さまざまなハードル

を越えた言葉には

自信のようなものも

感じましたので

今後の活躍が非常に楽しみ

です。

また

日本のアーティスト

和田アキ子ではなくて

来年(2020年)

デビュー30周年を迎える

大黒摩季

意外にも

アレサ・フランクリンの

音楽と人生に影響を受けた

ということで

2ページにわたるインタビュー記事

を掲載しておりますが

こちらも未知の内容が多く

勉強になりました。

また

劇中で沢山使用された

アレサ・フランクリンの曲

「劇中使用曲」

ということで

リスト化されているのも

非常に有難いです。

さらに

本作が

15年以上も前から構想がねられて

おり

同時期に

アレサ・フランクリン本人

から直接

ジェニファー・ハドソン

に役のオファーがあったことや

両者に共通の部分がある

エピソードなど

ある意味

頷ける内容でもありました。

残念ポイント

としては

いつも

映画をみる視点で

参考にさせて頂いている

評論家のかたによる

Revew記事

がないところや

やはり

アレサ・フランクリンの伝記的作品

になるはずなので

アレサ・フランクリンの生涯年表

などで

主な出来事や

ヒット曲や歴史的イベントなど

を表現したページ

があっても良かったかも?

というところくらいでしょうか。

まあでも

劇場鑑賞含めて

今回のさまざまな体験の

記念の1冊になる

ことは

間違いありませんが。

見出しのTOPに戻る

▼ エイベックス・デジタル株式会社 ▼

ドキュメンタリー映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』は『リスペクト』みてから鑑賞するのがおすすめです

映画『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』予告編

実は

映画『リスペクト』

の半年前くらいの

2021年5月

ドキュメンタリー映画

「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」

という作品が

劇場公開されておりました。

この作品は

1972年

ロサンゼルスの

ニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会

で行われた

故 アレサ・フランクリン

による

伝説的ライヴ

になりますが

現在、既に

VOD各社で配信

されております。

作品名 U-NEXT Amazon Prime Video Netflix dTV
『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』(2021) 399円 509円 -- 440円

(備考)

・本内容は2021/11/23現在の情報

・表示金額はのレンタル代金(税込)

・( )内は劇場公開年

 

見どころ

コーネル・デュプリー、チャック・レイニー、バーナード・パーディーらに加え、

サザン・カリフォルニア・コミュニティ聖歌隊をバックに

アレサが歌い上げたライブが蘇る。

引用:U-NEXT                https://video.unext.jp/

映画『リスペクト』

このLiveまでの道のり

のおはなしですので

オヤジ(Robert)も

もちろん

最近

U-NEXTで本作を鑑賞

しましたが

単純に

アレサ・フランクリン

のパフォーマンスだけでも

スゴイので

感動すると思いますが

特に

アレサ・フランクリン

について

初心者のかたは

彼女の

おいたち含めた

彼女が何故

教会でライブレコーデイングの作品をつくろう

と思ったのか?

などが理解できる

『リスペクト』

をみてから鑑賞すると

よりこの

ドキュメンタリー映画

鑑賞時の感動が大きいものになる

と思いますので

おすすめです。

 

この記事を読んで頂きましたみなさんも

『リスペクト』

是非、ご鑑賞してみてはいかがでしょうか?

関連記事ダニエル・クレイグ有終の美を飾る!?映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』感想

Photo by Daniele Levis Pelusi on Unsplash 007シリーズ第25作 ダニエル・クレイグ主演では 通算5作品目 になります 映画「『007/ノー・タイム・トゥ・ダ ...

続きを見る

▼【タワーレコード オンライン】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-movie
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.