music

【Live Report】上原ひろみ “SPECTRUM” 2019/12/26

Photo by Irina Murza on Unsplash

先日、JR錦糸町駅側にあります

東京 すみだトリフォニーホール

にて

上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 “SPECTRUM”

東京 すみだトリフォニーホール

<追加公演>2019/12/26

行ってまいりました。

そこで、この記事では以下内容をご紹介。

本記事の信憑性

CD800枚以上コレクション

音楽大好きサラリーマン オヤジの

備忘録的内容になっております。

この記事を読んで

上原ひろみの音楽聴いてみようかな?

と思ってくれたらオヤジ(Robert)幸いです。

*************************************************************
以下、ネタバレの可能性がありますのでご注意下さい
*************************************************************

1. 無限の世界の広がりを感じる作品 Spectrum 

ツアーに先行して発売された

10年振りのアルバム

Spectrum (初回限定盤)(2SHM-CD) SHM-CD, 限定版

を聴き

彼女の演奏で

繰り返されるフレーズや

繊細であり

かつ自由なメロディーラインに

無限の世界の広がりを感じ

同時に

衝撃が身体にはしり

Robert
これ 生でどんな風に演奏してるんだろう?

の気持ちが沸々とわき

その思いが

今回も叶いました。

というか

友人がまたチケットとってくれました。

友人に感謝です。

このLiveのソロの演奏も

何度も観ているはずですが

観ていると

ついつい

そのパフォーマンスに

思わず引き込まれちゃいますよね

Hiromi - Spectrum (Live)

2. CD情報  Spectrum  / 上原ひろみ


(Spectrum / 上原ひろみ :クリックするとAmazon商品ページ)
◆CD情報
・タイトル:Spectrum
・発売日:2019/9/18
・フォーマット 限定版, SHM-CD
・レーベル: Universal Music =music=

2.1. 曲目リスト

 

1. カレイドスコープ
2. ホワイトアウト
3. イエロー・ワーリッツァー・ブルース
4. スペクトラム
5. ブラックバード
6. ミスター・C.C.
7. ワンス・イン・ア・ブルー・ムーン
8. ラプソディ・イン・ヴァリアス・シェイズ・オブ・ブルー
9. セピア・エフェクト

 

全9曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
CDのご購入を検討される場合

「初回限定版のlive音源入り」が絶対おすすめです!!!

スタジオ録音の音源だけではなく

CDでは表現されてない

もうひとつの

彼女のLiveという場での覚醒したパフォーマンス

楽しめます。

3. Set list ~ ピアノと二人だけの 2時間30分のパフォーマンス

ステージでの演奏も

数年前に行った"Alive"のツアー

の時の

トリオの編成

Hiromi The Trio Project performing "Alive" (Live in the Studio)

とは違い

今回は

彼女とピアノの二人だけの世界

彼女の長いMCを聴くのも

わりと近い場所でそのお姿を拝見するのも

今回が初めてでしたが

意外と二の腕もたくましく

河合らしいお姿を

1階の前から10列目

という奇跡的な席にて

肉眼で観れたのは

一生の想い出でしょう。(プチ自慢)

途中 休憩20分挟んだ

2時間30分のパフォーマンス

演奏中も

足を投げ出し

大胆に立ち上がったり

中腰もあり

「ウー」

と唸ったり

意外とアクティブ

エモーショナル

何かが憑依したかのような表情

もあった

激しい連打

ハートフルなメロディーにて

今回も

CDで想像していた世界を簡単にブチ破り

心のど真ん中に響く

唯一無二の世界による

圧巻の9曲の演奏!

毎度のことながら

評する言葉が見当たらず

Robert
凄い!!!!!

以外の感嘆詞がみつかりません。

4. Rhapsody In Various Shades Of Blue

今回の演奏で圧巻だったのが

CDでも

1曲の時間が22:45!!

という

驚くべき長い演奏時間

となっている

「8. ラプソディ・イン・ヴァリアス・シェイズ・オブ・ブルー」

でしょうか。

Rhapsody In Various Shades Of Blue (Medley)

さまざまなフレーズにより表現される

異次元の一人オーケストラ

というか

次にどう展開するか?

ワクワクしながら

ドキドキしながら

終始気が抜けない

素晴らしいパフォーマンスでした

この曲は

様々なアーティストによる

YouTubeの映像にあるように

Gershwin Rhapsody in Blue

通常は

オーケストラで演奏されれる曲

なのですが

それを彼女が一人で演奏していて

またそれが

全然違和感ない

ところが

本当に凄いところかと。

5. すみだトリフォニーホール

今回

オヤジが(Robert)が

はじめて訪問した

1997年に開館され

定員1,801の大ホールをもつ

すみだトリフォニーホール

出典:すみだトリフォニーホール

ですが

オーケストラをはじめとした

クラシックな演奏が

多く開催されている会場でもあり

彼女がLiveのMCで解説していたように

今回のLiveでのピアノの音も

放物線を描いて観客に届けられ

時々

彼女が舞台の床を蹴る音は

「パーン」

良い反射音として響く感じ

演奏者として

彼女が好んでこのホールを選んだのも

何となくですが

分かるような気がしました。

是非 このツアーの

live映像のBlu-ray盤

発売してくれると嬉しいです。

*(2021/4 update)

2021年5月にも

このホールにて

新日本フィル・シンフォニック・ジャズ・コンサートSpecial Guest 上原ひろみ

出典:すみだトリフォニーホール

なるコンサートが予定されており

今度はソロではなく

新日本フィルとの共演にて

スケールの大きな

演奏が楽しめるは

必然ですね。

とにかく

今後の彼女の活動に

オヤジ(Robert)は

非常に期待してしまうのであります。

 

この記事を読んでいただきました皆さんも

ぜひ一度"上原ひろみ"の音楽を

楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事【Live Report】上原ひろみ ALIVE JAPAN TOUR 2014/12/7

Photo by Dolo Iglesias on Unsplash 本日(12/7) 上原ひろみ THE TRIO PROJECT ALIVE JAPAN TOUR 2014 IN東京国際フォーラム ...

続きを見る

▼【スタディング】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-music
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.