music

Take6(テイク シックス)ビルボードライブ東京 2015/10/7感想

Photo by Annie Spratt on Unsplash

先月、ビルボードライブ東京にて

Take6 Live

行ってまいりましたが

そのステージの

圧倒的なパフォーマンスに

感動の連続でしたが

最後に

予想外のイベントもあり

と盛りだくさんでしたので

レポートしたいと思います。

この記事では以下の内容をご紹介。

本記事の信憑性

CD800枚以上コレクション

音楽大好きサラリーマン オヤジの

備忘録的内容になっております。

この記事を読んで

Take6 のLive行ってみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸いです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

1. Take6(テイク_シックス)の 最強アルバム「Join the Band 」

take6(テイク_シックス)との出会いは

オヤジ(Robert)のなかでの

AORの雄

であり

音楽の神

でもある

デヴィッド・フォスター

がプロデュースして

キーボードでも参加している

You Can Never Ask Too Much (Of Love)

という曲が

挿入されている

ということで

今から20年も前に発売

されたときに

たまたまcheckした

Join the Band

という素晴らしい作品です。

いまだに良く聴いている

この作品ですが

当時

オヤジ(Robert)は

この作品から感じる

技量や質の高さ

彼らの絶妙のコンビ

そして

何とも表現しがたい

メンバー間の

ボーカルのバランス

ほぼ

その初めて体験する全て

に衝撃を受けました。

ある意味

そのスゴさ加減

分かりやすいので

Take6の作品を

まだ聴いたことが無い

という輩は

この作品からcheck

頂くこを

強くおすすめします。

1.1. CD情報 (参照:Amazon)    Join the Band / TAKE 6


(Join the Band / TAKE 6 :クリックするとAmazon商品ページ)
◆CD情報
・タイトル:Join the Band
・発売年:1994
・フォーマット CD
・レーベル: Word Entertainment

>・曲目リスト

1. Can't Keep Goin' on and On
2. All I Need (Is a Chance)
3. My Friend
4. It's Gonna Rain
5. You Can Never Ask Too Much (Of Love)
6. I've Got Life
7. Stay Tuned (Interlude)
8. Biggest Part of Me
9. Badiyah (Interlude)
10. Harmony
11. Miles (Interlude)
12. Even Though
13. Why I Feel This Way
14. Lullaby

全14曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
本作は

1995 Grammy Award for Best Contemporary R&B Gospel Album受賞作

でもありますが

その要因のひつに

素晴らしいハーモニー

をはじめとした

Take 6の実力

見事に引き出している

フォスターをはじめとする

凄腕のプロデューサー

の技やアイデアが

随所にちりばめられており

聴いていて

全然あきません

本作への参加メンバーを改めてcheckすると

Ray Charles

Stevie Wonder

Queen Latifah

Brian McKnight

Kirk Whalum

Gerald Albright

Herbie Hanc

と豪華ですね。

特に序盤の

(故)Ray Charles氏とのかけ合い

が聴ける

3. My Friend

は印象的です。

本作はこれからの

クリスマスシーズン

BGMとしても

バッチリあいます。

本作も一生聴ける作品です

関連記事オヤジがここ10年間家族で聴いてるおすすめ"クリスマス CD"教えます

  Photo by S&B Vonlanthen on Unsplash 普段から 常に音楽が流れている環境で生活している オヤジ(Robert)ですが 「クリスマス CD」 みた ...

続きを見る

2.そのパフォーマンスに圧倒されます!!

今回初めて彼らのliveを観たのですが

終始

彼らのパフォーマンスに

圧倒されっぱなしでした

正に

「洗練された形」

という表現にて腑に落ちた

openningの

アカペラによる3曲

この曲の先に

期待がてんこ盛りとなった

Pharrell Williams/HAPPY

 

その表現の繊細さに鳥肌たった

 Stevie Wonder -Overjoyed

 

みんながhappyになれた

stand by me

のカバー曲コーナー。

Robert
どの曲も久々に音楽聴いたけど

聴いてて鳥肌たった!!

洋楽をすこしでも

ご存知なかたなら

誰でも分かりそうな

シンプルな曲

だからこそ

オリジナルの

何かを超えている

彼らの実力

を発見することが

容易にできます。

それから

思わず引き込まれれた

M.J のヒット曲の

サビの物まね対決!

Robert
6人全員がvocalとバッキングが完璧!!

とろけるようなハーモニー

によるバラード。

Robert
生で聴くバラードは

やっぱりやっぱり良い。(涙))

マイクだけによる

エア*****による掛け合い

Robert
アイデア素晴らしい!!

3対3に分かれての****合戦

(こうきたら、こう返す の

ハーモニーの応酬)

Robert
Jazzのセッションみたい!!

と見所満載なり。(大満足)

それもお互いが

アイコンタクトもほとんど無し

絶妙に

main/sub/back

のvocalパートをchangeしながら

それも

ひとつの曲の中でも

バッキングとvocalが

自在に変わる

ミラクルな技!?

それで

とにかく6人それぞれが歌が上手い!

さらに加えて

guiterやpiano keybord

もこなす

職人の集団なり。

何かつぃつい

褒めすぎちゃいますが・・

3. Live後にもお楽しみがあります!!

そしてlive後は

サイン会

があり

何とChristchaの新譜にサインをもらって

一緒に記念撮影したあと

さらに

メンバー全員と握手

して

プレートにサインまでしてくれました。

これも

大きなホールや会場では

ありえないイベント

ですね。

彼らの

エンターティナーとしての素晴らしさ

に加えて

FANを大切にしてくれる姿勢

Robert
何てフレンドリーな人たちなんだ(感激)

とさらに

心をわしづかみにされました。

4. billboad live東京はコスパ最高の空間です!!

今回体験した

billboad live東京

「カジュアル」

という席は

カウンター席で

ワンドリンク付き

飲み物を飲みながら

豪華なliveが気軽に

そして

アーティストも間近に

観れて

体感して

10000円以下なり!

(本当に近過ぎて罪悪感すらわきましたが)

鑑賞中に追加オーダーした

飲み物の料金も

QRコードで精算にて

帰りもスムーズ

次の予定にむかえます。

今度は

もう少し

グレードをあげた席も

試してみたいです。

来年の1月には

彼らはまたbillboad live東京にやってくるとか

まだ体験されてない方は

是非お出かけしてみてください!

絶対満足すると思います。

5. 最近のTake6の活動「Spread Love Podcast」について

(2021/05/30 update)

最近の彼ら(take6)は

このコロナの状況で

元気にしているかな?

ふと気になって

彼らのofficial page見にいくと・・・

Take 6 Official Website - Take6

出典:Take 6 Official Website - Take6 com     https://take6.com

「Spread Love Podcast」

という

1時間程度の

YouTubeでのlive番組を

時々ゲストを迎えて

不定期で行っており

グループのメンバーの

フランクな感じの会話や

時々カメラの後ろに出てくる

メンバーの家族の存在など

非常に興味深い番組ですが

そのなかで

先月(4月)は

オヤジ(Robert)の

大好きなサックス奏者

Dave Koz

(デイヴ・コーズ)

がゲストの回があり

思わず見入ってしました。

Spread Love Podcast #28 - Dave Koz

Take6もDave Kozも

1990年くらいから

本格的に活動をはじめており

昨年で

活動30周年

を迎えておりますが

お互いにリスペクトしあっており

音楽的にも

接点がかなりありそうな関係

であることはもちろん

Dave Kozがリスペクトする

David Sanborn

(デイヴィッド・サンボーン)

の話題

など

とにかく話がとまらない感じで

何より

みなさんのお元気な様子

確認出来たのもあり

ホッコリ楽しめました。

そんななかで興味深かったのが

後半で話題に出た

ショート フィルム

"Dr. Norm" - Dave Koz

ユーモアたっぷりの内容

でもありましたが

だいぶ年老いたように見えた

少し年上の

Dave Kozの姿に

何とも言えない淋しさ

のようなものも感じました。

Dave Kozに関しては

また別の機会にふれたいと思います。

 

この記事を読んでいただきました皆さんも

ぜひ一度"Take 6"の音楽を

楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事偉大なプロデューサー"デイヴィッド・フォスター"の音楽の魅力とおすすめ作品についてまとめ

Photo by Pelayo Arbués on Unsplash オヤジ(Rober)が AORという 音楽のジャンル を開拓するきっかけになった存在 でもあり オヤジ(Rober)の ヒーロー ...

続きを見る

▼【タワーレコード オンライン】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-music
-, ,

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.