movie

細田守 監督作品 映画「竜とそばかすの姫」を2回みてしまった50代オヤジの感想


Photo by Mr.Autthaporn Pradidpong on Unsplash

映画「竜とそばかすの姫」

に関しては

先に

本作のサントラ盤の感想

について

記事をUPしておりますが

関連記事細田守監督作品「竜とそばかすの姫」オリジナル・サウンドトラック ハイレゾ盤 感想

Photo by Drew Graham on Unsplash オヤジ(Robert)は 先日 ワクチン2回目接種後に マスクを基本とした感染対策にて 映画「竜とそばかすの姫」 を鑑賞してましりまし ...

続きを見る

その後

わけあって

映画「竜とそばかすの姫」

もう一度鑑賞する機会

がありましたので

今回は

その理由(わけ)

2回鑑賞した感想について

の記事になります。

この記事では以下の内容をご紹介。

本記事の信憑性

特に映画通でもなんでもない

映画鑑賞暦40年以上!?

のオヤジ(Robert)の既鑑賞作品

に関する感想について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事を読んで

映画「竜とそばかすの姫」

鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸いです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

1. 『 竜とそばかすの姫』に関するオヤジ(Robert)の勝手な感想文(1回目)

『竜とそばかすの姫』予告2【2021年7月16日(金)公開】

 

映画「竜とそばかすの姫」

1回目の鑑賞

子供が夏休みの際に

子供の希望

子供と二人で鑑賞

したのですが

オヤジ(Robert)的には

本作を特に

どうしても観たい作品

とは思ってなかった状態

での鑑賞でしたが

(前の記事にも書いたように)

ストーリーはともかく(爆)

久々の劇場鑑賞で

無防備?だった

ということもあってか

その映像と音楽で圧倒され

家でもその余韻にひたる

ため

映画「竜とそばかすの姫」

サントラ盤を購入しました。

ということで

作品のストーリーやキャラクターなど

ではなく

作品の中の

Uの世界をはじめとした映像

Belle

こと

中村佳穂 氏

の歌声をはじめとした音楽

に感動した

ところが大きい感じです。

また

オヤジ(Robert)の

全く個人的な

細田監督の

これまでの作品の印象

として

若干

父親の存在が希薄な感じ

もありますが

本作品でも

主人公である すず

の父親も

キャラクターの関係か

ほぼ登場場面がなく

ハイライト

最後に主人公に対して

あるひとこと声をかける

ところくらいだったのが

少し残念でした。

本当は妻を亡くして

主人公と同じくらい

苦しんでいた

と思われますが

それを連想させるような

描写も

表情も

特にみられない感じでした。

まあ

男はだまって高倉健

がカッコイイ

とも思いますが

現実はそうでもない

かと思われるので

作品のなかで

さりげなくでも

描いてほしいかなと。

2. 『竜とそばかすの姫』を2回観てしまったわけ

1回目鑑賞したあと

すぐ くらいに

映画「竜とそばかすの姫」の公式サイト

以下のような告知がありました

本編音響チーム総監修!ハイグレード音響上映決定

 

出典:映画「竜とそばかすの姫」公式サイト   URL:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/news/20210816-1.html

その告知の詳細で

関東近郊のレベルの高い音響環境を誇るいくつかのシアターに音楽監督・岩崎太整チームが訪れ、音響バランスをパーフェクトに調整し“お墨付き”状態にグレードアップ!

引用:映画「竜とそばかすの姫」公式サイト   URL:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/news/20210816-1.html

なんて

文章みたら

Robert

それは

観にいかないわけにはいかないでしょ!

状態となったのが

2回目鑑賞のわけ

であります。

上記"ハイグレード音響上映"の

対象劇場のなかで

今回たまたま都合があって

2回目の鑑賞

として訪問できたのが

東京 調布にある

イオン シネマ

でした。

もともと

イオン シネマ

には

独自で採用している

ウルティラ

出典:AEON CINEMA     URL:https://www.aeoncinema.com/ultira/pc/

という仕様の

大画面と立体音響によるシステム

がありますが

おそらく

その

ULTIRA(ウルティラ)

という仕様で上映するだけなのでは?

の印象です。

3. 『 竜とそばかすの姫』に関するオヤジ(Robert)の勝手な感想文(2回目)

映画「竜とそばかすの姫」

2回目の鑑賞

とにかく

"ハイグレード音響上映"

ですので

音と映像に集中して

ボッチ鑑賞

しました。

全体的な印象としては

音響帯域の

低域は何となくのびている感じ

でしたが

映画館だけに

締まった音にはなれず

「ズシーン」

というよりは

「ボワーン」と響く

くらいの印象でした。

高域の伸びや広がり

1回目のときに

あまり細かい点に意識してなかったため

(1回目との)違いについては

明言できないものの

・ドアが閉まる音

・河原を歩いている時の川の音

・駅のシーンでの列車の音

などは

より自然な感じがしました。

あと

脇役で出演されていた

有名人の方々による

5人のおばちゃんの声の違い

集中して聴いてみましたが

出番もセリフも少なく

意外と分かりにくかった。

さらに

一番注目していた

3000人の歌声をあつめて準備した

という

あの盛り上がるシーンでの歌声は

若干期待外れ

なところもありましたが

2回目でもやはり

感動的なシーン

として

印象的でしたので

ここは

演出ふくめた

スケールの大きさと

ものがたりの力

なのかと。

また

エンドロールで流れる

「はなればなれの君へ」

エコーがかかったような

Belle

こと

中村佳穂 氏

の歌声や演奏に関しては

劇場の空間での大きな広がり

を感じましたし

映画の余韻に浸りながら

物語を振り返ること

ができます。

やはり

2回目ということで

余裕をもって鑑賞できた

こともあり

結果的には

総じて楽しめました。

今回 体感した

ULTIRA(ウルティラ)

ですが

IMAXとの違い

いまひとつ分かりにくいですが

以下の記事が参考になりました。

【ULTIRA(ウルティラ)とは】IMAXとの違いと感想!

出典:CINEBAD BLOG    URL:https://cinebad.net/entry/ultira-imax/

最近でも

映画「竜とそばかすの姫」の公式サイト

興行収入50億円突破の大ヒット記念
細田守作品初となるドルビーシネマ上映が決定!!

 

引用:映画「竜とそばかすの姫」公式サイト   URL:https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/news/20210827-1.htm

なんて告知がありましたが

・・・悩みに悩んで

なんとか欲望に耐えて

スルーしました。

関連記事「竜とそばかすの姫 サントラ盤」ではじめるiphoneによる簡単ハイレゾ体験

Photo by Juja Han on Unsplash 先日 映画「竜とそばかすの姫」の サントラ盤を 主題歌でもある "U"が挿入されている ということもあり ハイレゾソース(Flac) で購入 ...

続きを見る

4. 『竜とそばかすの姫』 に関する勝手なクライテリア

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の

勝手なクライテリア"

による判定結果は

"B”

  • B : まあ、機会があればみてもいいかもの作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから)含む)

となります。

本作は

やはり劇場で鑑賞しないと

感動も半減の作品

の印象ですので

いつかまた

劇場で再演される際は

IMAXでみてみたい

と思います。

▼提供:U=NEXT▼

U-NEXT

5. 『竜とそばかすの姫』 に関するパンフレットの記憶

(「【映画パンフレット】 竜とそばかすの姫 :クリックするとAmazon商品ページ)

今回のパンフレットは

綺麗な絵も多く

10pageにわたるアニメと

一部には劇中で流れた

歌の歌詞の掲載もあり

鑑賞記念になりそうな1冊です。

特筆すべき内容

としては

STAFF COMMENT

という

各担当のクリエーターのかたの記事

がありますが

音楽関係だけでも

・メインテーマ”U”作詞・作曲

常田大希 氏

・音楽監督

岩崎太整 氏

・音楽

Ludvig Forssell

坂東祐大

・ミュージックスーパーヴァイザー

千陽宗之 氏

という5名の方の記事があることで

本作の音楽に関する

熱のはいりかたが

通常のアニメ作品とは

異質なものを感じます。

本作で声優として参加されている

主要なメンバーの方の

インタビュー記事で構成された

CAST INTERVIEW

アニメ研究家 アニメ評論家

のお二人による評論記事の

REVIEW

など

映画「竜とそばかすの姫」

違う視点でのみかた

ができる点でも

パンフレットは

少しお金がいりますが

いつも勉強になり

楽しめます。

 

この記事を読んで頂きましたみなさんも

映画「竜とそばかすの姫」の

2回目の鑑賞を

いろいろなかたちで

楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事ガンダム世代でも十分楽しめる 映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」感想

Photo by Vernon Raineil Cenzon on Unsplash 最近 アニメ大好き友人 からの情報で いま公開されている 「閃光のハサウェイ」が どうも良いらしい!! という噂か ...

続きを見る

▼【タワーレコード オンライン】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-movie
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.