blog

在宅勤務になって考える”仕事で必要なコミュニケーション能力"をあげる3つの工夫

Photo by Dylan Gillis on Unsplash

そもそも”仕事で必要なコミュニケーション能力"ってなに?
マサマサ

このコロナの影響

による

在宅勤務の環境下

になって

改めて考えてみた

 

仕事で必要なコミニケーション能力

をあげるために

やるべき3つの工夫

について

まとめてみました。

Robert
以下、記事のポイントになります。
ところでRobertって誰?なにもの?
マサマサ

本記事の信憑性

特に人生において

特に大きな成功もない

サラリーマン暦30年以上!

技術系サラリーマン

オヤジ(Robert)の

つたない経験からの

ライフハック

について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事が

会社のコミニケーション

でお悩みの輩や

これから社会人になるかたに

少しでも参考になれば

オヤジ(Robert)幸せです。

▼ 提供:レインボーフェニックス95 ▼

コミュニケーション能力とは?

コミュニケーション能力

とは

人と人とが言葉のキャッチボール

Photo by Ben Hershey on Unsplash

をする場合に

 

相手が受け取りやすいボール(言葉)

投げることができて

Photo by Keith Johnston on Unsplash

 

尚且つ

相手が投げたボール(言葉)

ある程度広範囲で

受け取ることができる能力

Keith JohnstonによるPixabayからの画像

のことをいいます。

 

もちろん

もし自分が誤って

相手が捕れそうにないボール(言葉)

を投げてしまった場合は

Robert
ゴメンナサイ!

素直に誤ることができて

 

逆に相手が

自分がとうてい捕れない

ような

とんでもないボール(言葉)

を投げてきたら

Robert
これはとれません!

と言えることも

この能力には含まれます

▼ 提供:楽天モバイル株式会社 ▼

仕事で必要なコミニケーション能力とは?

さきほどの

言葉のキャッチボール

の例でいくと

 

一般的なコミニケーション

自己責任という範囲で

あるていどコントロールが出来れば

支障はありませんが

 

仕事で必要なコミニケーション

となると

自分の職務

あるいは

 

会社の代表

として行うコミニケーション

となるため

正確性を求められる状況

がでてきます。

 

仮に

相手が全く受け取れそうにない

暴投(暴言・的外れな言葉)

Keith JohnstonによるPixabayからの画像

を繰り返したり

 

相手が投げてくれた

ボール(言葉)を

受け取れないケースが多い場合

最悪

退場(解雇)となるケース

も出てきます。

 

そういう意味では

仕事で必要なコミニケーション

人生を左右するもの

と言えるかもしれません。

▼ GMOフィナンシャルホールディングス株式会社 ▼

”仕事で必要なコミュニケーション能力”をあげるためにやるべき3つの工夫について

さきほど

仕事で必要なコミュニケーション

には

正確性が求められる

ということをのべましたが

 

では

その

正確性をあげる

には

どうすればいいでしょうか?

 

以下に

それを実現するために

やるべき

3つの工夫について

ご紹介します。

1.ロジカル(論理的な)な説明力を準備する

自分が投げた

ボール(言葉)の根拠

に対して

相手に理解がえられない

 

相手も

ボール(言葉)を

きちんと

受け取ってくれません

 

そのためには

普段から

自分がボール(言葉)を

投げる際には

 

論理的

明確な理由をセットとして準備

したコミニケーションを

 

習慣化し

ロジカルな説明力

自分のなかで準備

しておくことが大事です。

 

そうすることで

会話の論点がそれたりするケース

相手から

 

無駄なボール(言葉)が返ってくる確率

も低くなり

コミニケーションの質も向上

します。

2.適度なキャッチボールを継続的に実施する

テレワークなどでは

職場の中の

親しい関係のかた

とのあいだでも

 

普段の何気ない

雑談などのコミュニケーション

を取る時間が

ほぼなくなり

お互いの状況がわからない時間が大半

になります。

 

そんなときに

仮に

自分が困った状況になって

相手のかたに相談したいとき

などに

 

たまたま

相手のかたが忙しいとき

にそのボール(言葉)を

相手がうけた場合

には

急にボール(言葉)をなげられても困ります!

マサマサ

なんてことで

相手のかたの気分を悪くしてしまう

など

 

これまで何の問題もなく

行われてきた

スムーズなコミニケーション

がとれなくなるケースも

でてきます。

 

従って

よくコミュニケーションをとる関係の人

とは

普段から

雑談や世間話など

 

業務外のことなど

適度なキャッチボール

継続的に実施すること

とても大事になります

 

それは

他のメンバーの方

にも

 

いつでも

自然に良いボール(言葉)を投げることができる

ための

練習にもなります。

3.キャッチボールを繰り返すことへのストレスレスをみにつける

一度の(言葉の)キャッチボール

で得た情報が

第三者に確認した際

間違いであることが判明

して

落ちこんだり

自分がなげたボール(言葉)が

十分配慮されたもの

にもかかわらず

相手に受け取ってもらえなくて

イライラするケース

もよくあると思います。

 

そんな場合には

根気よく

正しい情報をとりにいったり

何度も説明するために

何度も(言葉の)

キャッチボールすること

ある程度なれる必要

があります。

 

逆に最初から

(言葉の)キャッチボールは

一度ではうまくいかないもの

と考えて望めば

ストレスは大分なくなり

仮に

(言葉の)キャッチボールが

一度だけでで成立した場合

喜びも大きく

Robert
ご連絡ありがとうございます!

なんて

(言葉の)ボールを

なげてくれた相手への

感謝の言葉

自然に出てくるようになります。

▼「提供:softbank光』▼

テレワーク環境でのコミニケーションの課題について

これまで

自分がコミュニケーションの当事者になる場合

についてのみ

話題にしてきましたが

 

この

テレワーク環境

になってからは

新たなコミニケーショの課題

がみえてきました。

 

例としては

テレワーク環境下

では

常識的となりつつある

 

コミニケーションツール

Web会議の場

などで

 

会社のほかのメンバー

により

やりとりされている

様々な課題

について

 

ケースによっては

意見交換されただけ

解決に至ってない

 

保留状態となっているケース

なども

チラホラ

みられるようになりました。

 

従って

これまでの状況と違って

周囲の人の動き

など

視覚から入る情報がゼロ

となるため

 

どうしても

自分の行動範囲だけ

かたよった思考

になりがちなので

 

会社のほかのメンバーが

行っているコミュニケーション

に関する情報ついて

積極的にとりにいく姿勢

Photo by Afra Ramió on Unsplash

が必要となります。

 

仮に

もし

自分が仕事を進める

うえで

欲しい情報

について

議論がつくされてない状況

をみつけた場合は

 

さきほどの

(言葉の)キャッチボールのはなし

の例より

「いま誰がボールをもっているか?」

を意識して

 

状況を見極め

そのボールを持っている人

にアクセスして

Robert

そのボールをなげて下さい!

Photo by Vidar Nordli-Mathisen on Unsplash

とお願いすることで

(情報の)キャッチボールが再開

され

 

結果的に

その議論が進み

ほしい情報を得る

ことができるケースもあります。

 

場合によっては

誰がボールを持っているか?

分からないケース

も出てくるので

 

そのときは

「誰がボールをもっているか?」

を聞ける人は

身の周りの誰か?

 

仕事を進めるうえでは

普段から意識しておく

必要があります。

▼ 提供:レインボーフェニックス95 ▼

まとめ

今回は

仕事で必要なコミュニケーション能力

をあげるために

やるべき3つの工夫

ロジカル(論理的な)な説明力を準備する

・適度な継続的キャッチボールの実施する

・キャッチボールを繰り返すことへのストレスレスをみにつける

ついてご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか?

 

仕事上での

コミニケーションによるトラブル

よく発生するもの

ですが

 

些細なことなども

在宅勤務環

などで

気付かず放置してしまうと

 

時間経過とともに状況が悪化

するなど

ケースによっては

人生を左右するもの

でもあります。

 

そのような

トラブルを解決するため

にも

これまで記載してきました内容を

実践することによって

 

コミニケーション

・できるだけはやく

・効率的に

・正確に

行えるようになり

 

結果的に

問題の解決

目標とするゴール


Photo by krakenimages on Unsplash

より早く

より確実に

近づけるようになると思います。

是非、お試し下さいませ。

 

関連記事【非公開】在宅勤務はストレスだらけ!?サラリーマン1年戦記 The Stress wars

Photo by Lacie Slezak on Unsplash 在宅勤務1周年 になりますが そこには 想像を超える ストレスだらけな状況 がまっておりました。 そんな ストレスとの戦い つまり ...

続きを見る

スポンサーリンク

-blog
-, ,

Copyright© intelablog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.