music

いま 心にひびくメロディ「イレヴン・ワーズ / デイヴィッド・フォスター」レビュー

オヤジ(Robert)の大好きな

ヒットメーカーであり

偉大なプロデューサーであり

ピアニストでもある

デイヴィッド・フォスター

昨年(2020年)に

リリースした

オリジナルアルバム

オヤジ(Robert)の期待を

いい意味で

裏切ってくれた

素晴らしい作品

です。

家族でリビングで聴く

というよりは

夜 一日の最後に

一人でいろいろ

振り返るとき

仕事や何か物事がうまく進まず

ついつい

イライラしてしまったとき

などに

本来あるべき

心のテンポ

のようなものを

教えてくれる存在であり

とにかく

聴いていてホッとします

この記事では以下の内容をご紹介。

本記事の信憑性

CD800枚以上コレクション

音楽大好きサラリーマン

オヤジ(Robert)の

備忘録的内容になっております。

この記事を読んで

このCD聴いてみようかな?

と思ってくれたら

オヤジ(Robert)幸いです。

1. アルバムタイトル「イレヴン・ワーズ (Eleven Words)」のいみするところ

本作のタイトルでもある

イレヴン・ワーズ

については

以下の

デイヴィッド・フォスターの

オフィシャルページ

解説されております。

David foster official website 

出典:David foster official website  https://davidfoster.com/david-fosters-new-album-eleven-words-will-be-available-april-3rd/

ここの記事にあるように

デイヴィッド・フォスターは

Instagram

いくつかの曲を演奏して

これらの11の言葉が

デイヴィッド・フォスターにとって

何を意味するのか

を共有しております。

instagram

davidfoster

出典:instagram  https://www.instagram.com/davidfoster/?hl=ja

オヤジ(Robert)も

今回の機会により

人生で初めて

Instagramにアカウントを登録して

その

ひとつひとつの言葉

について

ふれることが出来ました。

それぞれ

短い内容での表現

となっておりましたが

曲を聴いただけでは

想像できない

デイヴィッド・フォスターの想い

のようなものが

少しだけですが

理解できたような

感じがしました。

詳細については

是非

直接その言葉たち

instagramでcheck

頂ければと存じます。

2. 作品情報「イレヴン・ワーズ / デイヴィッド・フォスター」

2.1. CD情報 (参照:Amazon)    イレヴン・ワーズ / David Foster


(Eleven Words / David Foster:クリックするとAmazon商品ページ)
・タイトル:イレヴン・ワーズ
・発売年:2020
・フォーマット CD, インポート
・レーベル: Universal

2.2. 曲目リスト

1. Everlasting
2. Love
3. Eternity
4. Victorious
5. Elegant
6. Nobility
7. Wonderment
8. Orbiting
9. Romance
10. Dreams
11. Serenity

 

全11曲


出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
本作は

輸出入の関係か?

現在は品薄になっているようですね。

デイヴィッド・フォスターのファン

として

彼にどうしても

求めてしまう音楽を期待して

この作品を聴いてしまうと

正直

最初は物足りなさを感じ

このコロナの世界による

彼の音楽への影響

を心配してしましましたが

ドッコイ

彼自体は

いたって精力的に活動されており

むしろ

世界の人々を元気にするために

本作をリリースした印象

があります。

作品全般的に

ピアノと少しのストリングスのみ

坦々と演奏する曲も多い

静かな世界

ですが

いま現在の

この世界で聴くと

ジワジワ心に響いてくる

ものがあります。

Eleven Words

 

3. 「イレヴン・ワーズ 」のおすすめの曲は、2、9、11                    Recommended songs for "Eleven Words" are 2, 9, 11

今回の作品「イレヴン・ワーズ 」のなかで

あえて

おすすめの3曲

を選ぶとすると

こんな感じになります。

  •   2. Love:本作のなかでオヤジ(Robert)が一番好きな曲です。デイヴィッド・フォスターがこの言葉に対してもっているイメージが伝わってきます。どんな時も癒しのエッセンスがもらえる1曲です。
  • 9. Romance:instagramのメッセージに"CHINESE FOLK SONG"なる単語もあり、唯一アジアンテイストな空気を感じる曲。デイヴィッド・フォスターにとってのロマンスのイメージについての新たな発見がありました。
  • 11. Serenity:いろいろ聴いてきたけど、やはりここにかえってくる的曲"Water Fountain"のような印象がある曲。デイヴィッド・フォスターにとってSerenityは大切な言葉なんですね。

曲目リストに戻る

Water Fountain (Love Theme from "Secret of My Success")

 

この記事を読んでいただきました皆さんも

ぜひ一度

デイヴィッド・フォスターの音楽を

楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事偉大なプロデューサー"デイヴィッド・フォスター"の音楽の魅力とおすすめ作品についてまとめ

Photo by Pelayo Arbués on Unsplash オヤジ(Rober)が AORという 音楽のジャンル を開拓するきっかけになった存在 でもあり オヤジ(Rober)の ヒーロー ...

続きを見る

 

▼【タワーレコード オンライン】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-music
-, , ,

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.