music

オヤジがほぼ10年聴いてるおすすめ"クリスマス CD"教えます

 

Photo by S&B Vonlanthen on Unsplash

普段から音楽であふれて生活している

オヤジ(Robert)ですが

「クリスマス CD」みたいに

期間限定で楽しめる作品

というのも実はあまりないですよね。

この11月からの約2か月は

ほぼ"クリスマスCD"で過ごす

という

自分のなかでも勝手に一年間の中での

スペシャルなセルフイベントにしてますが

これが年があけたら

またしばらく

これらの作品が聴けなくなると

(無理やり聴こうとすれば可能ですが)

クリスマス後は

淋しさすらありますね。

もちろん毎年

山下達郎の「クリスマス・イブ」

ジョン レノンの「Happy Christmas (War Is Over)」

ワムの「Last Christmas」

聴きますが

自身が結構あきない性格?からか

ここ10数年は

ほぼこれまでご縁があった

同じCDを聴いておりまして

最近は

それぞれの作品を聴いた時のシチュエーション

ふくめて

いろんな想い出も積み上がり

だいぶ

愛着がわいてきました

そこで、今回は

オヤジ(Robert)のコレクションのなかから

最近レンタルを利用して出会った

以下の作品を中心に

合計26作品をご紹介。

この記事を作成してから振り返ると

オヤジ(Robert)の

デイヴィッド・フォスター好きがさくれつしている

少々偏った内容になっている

かもですが(汗)

どの作品も一生付きあえそうなものばかりです。

この記事を読んで

どれか1枚でも

このCD聴いてみようかな?

と思ってくれたらオヤジ(Robert)幸いです。

*以下、紹介作品タイトル情報前の( )内の数値は、発売した年の情報になります。

■クリスマス前からの聴きはじめる おすすめ5作品

毎日毎日"クリスマスCD"パラダイス♪

今年も家族はそっちのけで

オヤジ(Robeert)は既にそのモードに入っております。

コロナになろうが

外出は禁止になろうが

この楽しみだけはゆるぎません。

シーズンのはじまりは

こんな感じの作品から楽しむのはいかがでしょうか?

1.(2011)Christmas / Michael Bublé


(クリスマス(デラックス・エディション) /マイケル・ブーブレ:クリックするとAmazon商品ページ)

オヤジ(Robert)のなかでの

AORの雄 であり 音楽の神

デイヴィッド・フォスターが見出した天才シンガー

マイケル・ブーブレ

彼の丁寧にやさしく歌うクリスマス ソングは

女性だけでなく

オヤジ(Robert)でも好感がもてます。

本作は

フォスター・プロデュース作品

でもあり本来は

本番にとっておきたい作品

なのですが

ビックバンドがバックにいる構成の曲も

ところどころあるため

曲によっては時々音が大きめになり

残念ながら子供が小さいころから

本作は家族には不評でした。

したがって

オヤジ(Robert)が一人ボッチで

先行で音も大きめで楽しんでますが、

雰囲気もアレンジも贅沢な作品

ですので

本作で一気にモードに突入できます。

関連記事オヤジはAORという音楽が大好きです I love AOR

Photo by Elijah Hail on Unsplash 日々の生活で 音楽を聴かない日が無いという ある意味 異常な日常(苦笑)を 若かりしころからおくってきた オヤジ(Robert)ではあ ...

続きを見る

2.(2013)A Christmas Carole / Carole King


(A Christmas Carole / キャロル・キング:クリックするとAmazon商品ページ)

肩の力を抜いて聴ける

BGMにも

在宅勤務の合間の休けいタイム

にも

どこでもOKな作品。

どのジャンルにも属しない

自由に旅をしているような

キャロルキング節が

期待通リ!?にさくれつしてますよ。

3.(2008)This Christmas / Aretha Franklin


(THIS CHRISTMAS ARETHA /ARETHA FRANKLIN  / キャロル・キング:クリックするとAmazon商品ページ)

以前は

正直クドイと感じていた

(アレサ ゴメン!)

彼女の演歌の「コブシ」のような唄いまわしが

なぜか切なく

愛おしく感じられる作品です。

2.This Christmas では

息子も登場して

やはり血筋かその可能性をひめた才能を

さりげなく披露するサプライズもあり

ホッコリします

2年前に他界してしまったアレサですが

悲しむなかれ

これからもこの作品を通じて

クリスマスでは彼女に会えるのです。

4.(2003)White Christmas / European Jazz Trio


(White Christmas / ヨーロピアン・ジャズ・トリオ:クリックするとAmazon商品ページ)

その安定した上質の演奏とアレンジで

オヤジ(Robert)のお気に入りでもある

European Jazz Trio

大人なjazz "クリスマスCD"

沢山ある"クリスマスCD"の中でも

こんなjazzの一枚があると

ある意味ホッと一息できますよね。

5.(2010)Home For Christmas / Sheryl Crow


(Home for Christmas / シェリル・クロウ:クリックするとAmazon商品ページ)

こちらもキャロルキング同様

肩の力を抜いて聴ける作品。

静かめな曲が多く

ジックリも聴けるし

どちらかというと

家族でというよりは

一人か カップルで聴く向けの作品の印象。

どの曲も

彼女の自在な歌い方により

全く飽きさせません。

見出しのTOPに戻る

■ほぼ10年間 家族で聴いてきた10作品

昔からたまたま聴いてたから

新しいの買えなかったから

家族が気に入ったから

やっぱりこの時期に聴きたいから

いろんな想い出があるから

理由はいろいろありますが・・・

我が家ではこんな作品を

ここ10年毎年クリスマスに聴いてます

というよりは

オヤジ(Robert)が勝手に

裏でせかせか再生してるだけかもですが。(汗)

6.(1987)Club Surf & Snowbound / 浜田省吾


(Club Surf & Snowbound / 浜田省吾:クリックするとAmazon商品ページ)

オヤジ(Robert)が

単身のころから聴いてきた

人生の師匠でもある「浜田省吾」氏の作品。

実はクリスマスとしての曲は後半の5曲だけ

ですが

特に長い独り身の時期には

この作品の師匠の歌声に癒して頂きました。

大学の時、下宿の狭い部屋で

一人ぼっちでケーキ食べながら

聴いた

「MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ-」

そして二人で過ごした***の時

家族で過ごす現在にいたるまで

30年以上の間の

いろいろな想い出と共に

この作品は一体となっているのであります。

7.(1993)Season's Greetings (20th Anniversary Edition) / 山下達郎


(Season's Greetings (20th Anniversary Edition) / 山下達郎:クリックするとAmazon商品ページ)

日本のアーティストのなかでは

シティ ポップのキング

という称号もお持ちですが

何気ない日常を

一気にクリスマスシーズンに変えてしまう

「クリスマスイブ」

というミラクルな楽曲を生み出した

クリスマスソングの巨匠 達郎氏が

自身が持つ

歌唱力

デジタルサンプリング力

アレンジ力

全てを注ぎ込んだ渾身の作品

これをクリスマスに聴かずして

いつ聴くか!?

関連記事50代オヤジ シティポップと再会する 50s Old Man reunites with City Pop

Photo by A G on Reshot    https://www.reshot.com/ 先日の、オンライン英会話での先生(フィリピン人)との会話のひとまく What is your fav ...

続きを見る

8.(1993)The Christmas Album / David Foster


(The Christmas Album / David Foster:クリックするとAmazon商品ページ)

フォスター自身が製作&プロデュース

の"クリスマスCD"。

彼のお決まりの

ドラマチックなアレンジたち

であふれてはおりますが

これがオヤジ(Robert)には

全然飽きない

何回でもいけるのですよ。

本作のなかでは

大きい音もところどころ急に出てくるので

実は家族うけはあまり良くない作品なのですが

Robert
この作品聴くのは我が家のぎむです!!

と無理やり家族に聴かせ続けて

もう20年近くになります。

家族はどう思ってるのかな??

9.(1994)Merry Christmas / Mariah Carey


(Merry Christmas / Mariah Carey:クリックするとAmazon商品ページ)

カミサンが唯一

「これは聴きたい!!」

とリクエストするお気に入りの一枚。

オヤジ(Robert)も毎年聴いているうちに

納得して

ついには積極的に聴くようになりました。

最近、あまり世間での露出も少なくなり

過去の作品もほぼ聴かなくなった

マライヤ・キャリー

ですが

定番の曲しかり

クリスマスにはこの作品で

必ず会ってます。

10.(1994)The Christmas Album / Kenny G


(The Christmas Album / Kenny G:クリックするとAmazon商品ページ)

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いもあり

さまざまなアーティストの作品に登場していた

KennyG

による

雰囲気バッチリの一枚

夜遅くに

一人で

そして大切な人と二人だけで

静かに一日を振り返りながら聴く

インストのクリスマス ソング

いいですよ。

11.(2003)Let It Snow / Michael Bublé


(Let It Snow / Michael Bublé:クリックするとAmazon商品ページ)

少しまえの文章で紹介した

「Christmas / Michael Bublé」

よりも

JAZZテイスト

安心して家族で本番できける作品

小さいころから聴いてきた

高校生でもある息子(次男)の

お気に入りの一枚でもあります。

収録曲が6曲と少々少ない

ため

アッという間に終わってしまうので

ついついオカワリしちゃいます。(笑)

12.(2003)クリスマス・イブ 2003 New Remaster / 山下達郎


(クリスマス・イブ (30th ANNIVERSARY EDITION)  / 山下達郎:クリックするとAmazon商品ページ)

この曲を、1986年の真夏に聴いたときの

あの衝撃がいまだに記憶に残る

(毎度同じこと書いてますが)

一年に一度

いや10回くらいは聴きたい

クリスマスの定番ソング

本作も

収録曲が4曲と少ない

ため

毎回オカワリ状態。

この曲自体が間もなく

40年選手

なり。

関連記事オヤジのカセットテープ・メモリーズ「山下達郎」

Photo by Ishan @seefromthesky on Unsplash 今回は オヤジのカセットテープ・メモリーズの続編。 80年代当時 レコードプレーヤーも無く 中学入学のお祝いの定番で ...

続きを見る

13.(2004)wonderful christmas / オムニバス


(wonderful christmas / オムニバス :クリックするとAmazon商品ページ)

基本的に

オムニバス作品

あまり好まないオヤジ(Robert)ではありますが

本作はこれまで紹介してきた作品には収録されてない曲で

毎年オヤジ(Robert)が聴きたいクリスマ スソング

沢山収録されているため

あえて選択した作品なり。

これまたオヤジ(Robert)が

毎年 家族に無理やりクリスマスで聴かせてきたせい?か

今では

家族もこの作品をリクエストしてくれます

こうして歴史はつくられる ですね。

14.(2006)Holy Wishes / noon


(Holy Wishes / noon:クリックするとAmazon商品ページ)

正直、タワレコの

"クリスマス アルバム"の特集コーナー

で出会わなかったら

いまだに知らなかったかもの作品。

現在、英会話挑戦中のオヤジ(Robert)でも

比較的わかりやすい英語の発音による歌声

になんだかさらに

いやされます

クリスマス定番の曲でもある

Silent Nightを2番で

しっかり日本語で歌ってくれる

のは嬉しいですね。

子供も小さい時は一緒に歌ってました。

この作品を購入してから

noonさんの

自然な感じのボーカル

を求めて

彼女の他のCDを購入して

普段でも たまに聴くようになりました。

在宅勤務中の休憩やリスレッシュ

などに

是非、彼女の作品を聴いてみてはいかがでしょうか?

(Smilin’ / noon:クリックするとAmazon商品ページ)

15.(2011)On This Winter's Night / Lady Antebellum


(On This Winter's Night / Lady Antebellum:クリックするとAmazon商品ページ)

当時アルバムチャートでも

出す作品が毎回1位になっていた印象の

スーパーグループが

その勢いでつくりあげた感のある作品。

男女のボーカルが

それぞれのソロはもちろん

コーラスでも楽しめる

このグループならではの特徴が

十分はっきされており

聴いていて得したような気分

になります。

最近は彼らも

あまりヒットチャートには登場しなくなりましたが、

今年(2020年)になって起きた

ジョージ・フロイド氏の死をきっかけとした

人種差別への抗議デモを受けて

バンド名を「レディ・A」に改名

したのは

驚きでしかありませんでした。

見出しのTOPに戻る

▼「提供:softbank光』▼

■オヤジが思わず聴きいってしまう おすすめの5作品

"クリスマスCD"ですから

正直違うアーティストのCDでも

同じような曲が多くなってしまうのは

しょうがないところですが

それでも

毎年 分かっちゃいるけど

ついつい家族そっちのけで

オヤジ(Robert)一人で聴き入ってしまう作品

もあります。

今回は、そんな素晴らしい作品たちをご紹介。

*Spotifyもはりつけてみましたので

是非どんな感じか?ご視聴頂ければと。

16.(1991)He is Christmas / TAKE 6


(He is Christmas / TAKE 6:クリックするとAmazon商品ページ)

・タイトル:He is Christmas
・発売年:1991
・フォーマット:CD
・レーベル :  Word Entertainment

・曲目リスト

1. Silent Night
2. Oh! He Is Christmas
3. Hark! The Herald Angels Sing
4. Away In A Manger
5. Amen!
6. "Little Drummer Boy, The"
7. Twas Da Nite
8. Sweet Little Jesus Boy
9. God Rest Ye Merry Gentleman - (W/The Yellowjackets)
10. O Come All Ye Faithful

全10曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
フォスターとのゆかりもあり

オヤジ(Robert)のなかでは

過去にその生のステージを観てからさらに

世界一のアカペラグループ

であるとかくしんしている

take6

1992 Grammy Award for Best Jazz Vocal Album

受賞作品。

繊細で琴線にふれるハーモニーが

この時期に聴くと一層ひきたちますね。

彼らも何枚か"クリスマスCD"出してますが

オヤジ(Robert)の中では

本作がbest

です。

曲目リストに戻る


(Most Wonderful Time of the Year / TAKE 6:クリックするとAmazon商品ページ)

関連記事【Live Report】Take6 2015/10/7

Photo by Annie Spratt on Unsplash 記事UPのタイミングが さらにスローになっている今日この頃です(反省) 先月、ビルボードライブ東京にて Take6 Live 行って ...

続きを見る

17.(1998)These Are Special Times / Celine Dion


(These Are Special / Celine Dion:クリックするとAmazon商品ページ)
・タイトル:These Are Special
・発売年:1998
・フォーマット:CD
・レーベル : エピックレコードジャパン

・曲目リスト

1. O Holy Night
2. Don't Save It All For Christmas Day
3. Blue Christmas
4. Another Year Has Gone By
5. Magic Of Christmas Day (God Bless Us Everyone)
6. Ave Maria
7. Adeste Fideles (O Come All Ye Faithful)
8. Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)
9. Prayer (Duet With Andrea Bocelli)
10. Brahms' Lullaby
11. Christmas Eve
12. These Are The Special Times
13. Happy Xmas (War Is Over)
14. I'm Your Angel (Duet With R. Kelly)
15. Feliz Navidad
16. Les Cloches Du Hameau

 

全25曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
もともと

その実力はオリガミ付きで

まだメジャーになってなかった頃に

フォスターと巡り会い

そして世界のディーバとなった

セリーヌディオン

による"クリスマスCD"。

その

ほとんどがフォスタープロデュースにて

セリーヌの歌唱力と

フォスターのドラマチックなアレンジ

によるミラクルな完成度

聴いてみて満足すること間違い無しの作品です。

尚、

本作はいろいろなエディションがあります

ので

購入などの際は収録曲をよくご確認くださいませ。

そしてこの曲は

YOUTUBE 再生回数1億回超えです!!

Andrea Bocelli, Céline Dion - The Prayer

曲目リストに戻る

18.(2003)Ashanti's Christmas / Ashanti


(Ashanti's Christmas / Ashanti:クリックするとAmazon商品ページ)
・タイトル:Ashanti's Christmas
・発売年:2003
・フォーマット: CD
・レーベル : Def Jam

・曲目リスト

1. Christmas Time Again
2. The Christmas Song
3. Hey Santa
4. This Christmas
5. Sharing Christmas
6. Silent Night
7. Joy to the World
8. Winter Wonderland
9. Time of Year
10. We Wish You a Merry Christmas

全10曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
本作は

いつも宅配レンタルしているゲオで

クリスマスCD

もしくは

クリスマスアルバム

で検索してたまたま見つけた作品。

もともと

Ashanti

自体も

オヤジ(Robert)は知りませんでしたが

本作でその表現力をはじめとする

彼女の素晴らしさを知りました。

本作は

彼女のキュートさを含めた個性がひかる

上質な雰囲気をもった素晴らしい作品です。

曲目リストに戻る

19.(2008)It's Christmas / Ledisi


(It's Christmas / Ledisi:クリックするとAmazon商品ページ)
・タイトル:It's Christmas
・発売年:2008
・フォーマット: CD
・レーベル :  Verve Forecast

・曲目リスト

●SIDE1
1. I'll Go
2. Children Go Where I send Thee
3. Give Love On Christmas Day
4. Be Threr For Christmas
5. This Christmas (Could Be The One)
6. Have Yourself A Merry Little Christmas
7. What Are you Doing New Year's Eve?
8. It's Christmas
9. What A Wonderful World
10. Please Come Home For Chrsitmas
11. Silent Night
12. Thank You

全12曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
本作も

宅配レンタルしているゲオで

クリスマス アルバム」で検索して

見つけた作品。

Ashantiと同様に

もともとLedisi自体も

オヤジ(Robert)は知りませんでしたが

久々に

力強い歌声

実力派女性シンガー発見!!

の機会となりました。

力強いといっても

アレサやビヨンセのそれとは異なり

割りと控えめな印象ながら

ソウルフルでも

ジャージーでもある

オンリーワンの歌声で聴かせてくれる

大人な一枚です。

*Spotifyは

数枚の作品が収録されている

ので

しばらく曲を送っていくと

本作の曲が出てきます。

曲目リストに戻る

20.(2010)Home for Christmas / Daryl Hall & John Oates


(ome for Christmas / Daryl Hall & John Oates:クリックするとAmazon商品ページ)
・タイトル:ome for Christmas
・発売年:2010
・フォーマット:CD
・レーベル : Sbme Special Mkts.

・曲目リスト

1. Overture/The First Noel
2. It Came Upon a Midnight Clear
3. No Child Should Ever Cry on Christmas
4. Everyday Will Be Like a Holiday
5. Home for Christmas
6. Christmas Must Be Tonight
7. Children Go Where I Send Thee
8. Mary Had a Baby
9. Christmas Song
10. Jingle Bell Rock
11. Oh Holy Night

全11曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
'80sを生きた人なら知らない人はいない

と言っても過言ではない

超実力派コンビ

ホール&オーツ

の健在をアピールするかのような

ホールのボーカルの良さが際立つ作品。

「やはりホールは歌うまいよね」

思わずそううなずいてしまう場面が随所に出てきて

ある意味安心して聴ける作品です。

日本盤の場合は

ボーナス・トラックで

ワン・オン・ワン(ライヴ)

が入っているので

ご購入される場合は

ご注意くださいませ。

曲目リストに戻る

見出しのTOPに戻る

関連記事50代オヤジ 週末のおうち時間は宅配レンタルCDをゆっくりと楽しむ

Photo by Corinne Kutz on Unsplash Robertは沢山CDとか持ってるみたいだけど まだたまにお店とかに CD買いに行ってるの?マサマサ Robertさすがにこの 平日 ...

続きを見る

■”クリスマスCD"ではないのですが オヤジのなかではクリスマスな3作品

皆さんがお持ちのCDコレクションのなかでも

"クリスマスCD"ではないんだけど

クリスマスに聴きたくなる作品

ってありますよね?

今回は、オヤジ(Robert)のなかでの

そんな作品たちをご紹介。

21.(1986)The Essential Cafe Bohemia(DVD付) /佐野元春


(The Essential Cafe Bohemia(DVD付) /佐野元春:クリックするとAmazon商品ページ)

オヤジ(Robert)が青春時代に良く聴いた

佐野元春氏の名盤

発売されたのが12月で

当時一人でヘビロテしていた

時からのおつきあい

ということもありますが

いまのオヤジ(Robert)のペースにシックリくる

クリスマス ソングの名曲

「Christmas Time In Blue-聖なる夜に口笛吹いて」

が後半にひかえているから

という理由だけで

毎年クリスマスには

この作品を引っ張リ出して聴いてまいりました。

オヤジ(Robert)も

まだYoung Bloodsはまだ持ちあわせている

と勝手に思ってますが

普段この作品を聴くには

既にbeatiful boyでもないので

厳しいものがあります。(汗)

ただ本作のEssensial版は

「Christmas Time ~」の

後に入っている数曲の楽曲のアレンジが

今のオヤジ(Robert)には良い感じなのです。

しかし、このamazonでの値段の高とうはどうしたものでしょうか。

22.(1996)The Day / Babyface


(The Day / Babyface:クリックするとAmazon商品ページ)

この作品が出た年のクリスマスは

きっと(この作品が)

カップルで過ごす時間に大活躍した

ことでしょう。

その当時、オヤジ(Robert)は

クリスマスはひとりボッチだったためか?

この時期に盛り上がっているカップルにしっともあってか?

あまり聴いてなかった作品でもあります。(爆)

この作品の

洗練された

且つ

上質でまったりとした

甘いバラードで過ごす大切な人との時間

その後の結末がどうであれ

長く記憶に残るものです。

改めてクレジットみると

feat メンバーが

Mariah Carey & Kenny G

Clapton

Stevie Wonder

LL Cool J, Howard Hewett, Jody Watley & Jeffrey Daniels

とスゴイメンバーですね。

彼はこの後に"クリスマスCD"出してますが

クリスマスの大事な日には

個人的には断然この「The Day」がいいですね。


(クリスマス・ウィズ・ベイビーフェイス / ベイビーフェイス:クリックするとAmazon商品ページ)

23.(2011)Dream with Me / Jackie Evancho


(Dream with Me / Jackie Evancho:クリックするとAmazon商品ページ)

実は彼女は本作の前に

"クリスマスCD"出しているのですが

収録曲が4曲だけだし

思ったより普通の作品

だったのでこちらをpick up。

この作品も

フォスタープロデュースの作品

なのですが

本当に、フォスターが選ぶアイーティストは

どの方も素晴らしいです。

もし機会がありましたら

前段で話題に触れました"クリスマスCD"と本作を聴き比べて頂けると

フォスターの偉大さが分かる

と思います。

本作は、毎年一年間で欲に汚れたオヤジ(Robert)の

心を清めてくれる

そんな存在でもある作品なのですが

本作では当時11歳だった天才シンガーも

Web情報では今年めでたく20歳になっておりました。

そう、今の彼女が20歳で***でも

この作品のなかでは

いつでも彼女は11歳の存在

なのです。

当時、話題になって

この作品でもデュエットで参加している

スーザン・ボイルさん

ご健在でしょうか?


(O Holy Night / Jackie Evancho:クリックするとAmazon商品ページ)

そして

やはりこの曲はあらためて凄い曲だとおもうのです

Barbra Streisand - Somewhere (Official Music Video)

見出しのTOPに戻る

▼「提供:ゲオ宅配レンタル」▼

■ここ数年で発売された作品から おすすめ3作品

この長期ステイホームの期間により

Webで

宅配レンタル

を利用するひんども増えて

聴きたい作品にふれる機会が沢山増えました

今回はそんな作品のなかで

クリスマスにおすすめできる

比較的最近の作品

を以下にご紹介。

24.(2017)クリスマス・ウィズ・エルヴィス・アンド・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 / エルヴィス・プレスリー


(クリスマス・ウィズ・エルヴィス・アンド・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 / エルヴィス・プレスリー:クリックするとAmazon商品ページ)

エルヴィス・プレスリーの作品

残念ながらこれまで1枚も所持してないオヤジ(Robert)ですが

今回、たまたまこの"クリスマスCD"をレンタルして聴いた時

何か

久々に昔の友人に会ったみたいな懐かしさ

クリスマス ソングへのロックンロールテイストのはまりぐあい

も合わせ技で

すっかり気に入ってしまいました。

おそらく

最近、巷ではやっているものとは真逆の世界でもあり

さらにエルヴィスの

真摯に歌に向かっている感じ

がオヤジ(Robert)にとって新鮮だった

からだと思います。

Youtubeの動画は昔のものをチョイスしてみました。

スターという言葉は

彼のような人の事を指すのでしょうね。

25.(2018)A Legendary Christmas / John Legend


(A Legendary Christmas / John Legend:クリックするとAmazon商品ページ)

オヤジ(Robert)のなかでは

期待を裏切らない男

としてにんちされている

ジョン・レジェンド

がこれまた

期待通りの"クリスマスCD"

をつくってくれました。

それもクリスマス作品は

自身のキャリアで初

にて

ジャズテイストな大人の作品

です。

アップテンポも

スローなバラードも

スタンダードナンバーも

シッカリ聴かせてくれる

やはり

彼はミスターパーフェクト

ですね。

本作では3曲目でfeatしていた

ジャズ・ベーシストで歌手の

Esperanza Spalding

エスペランサ・スポルディング

の存在が気になりました。

是非、彼女の作品も今度機会があれば聴いてみたいです。

何か

オムニバスCDを聴いているような錯覚におちいる

バラエティにとんだアレンジと

ジョンの変幻自在の立ちまわり

に、脱帽です。

26.(2018)Happy Xmas / Eric Clapton


(Happy Xmas / Eric Clapton:クリックするとAmazon商品ページ)

今回 最後のとりを飾るのは

エリック・クラプトンの作品

なり。

彼のこれだけ長いキャリアのなかで

彼も

"クリスマスCD"は今回が初

だそうな。

そんな記念すべき作品は

いままで聴いたことのないアレンジの曲が

次から次へとの

未体験のブルーステイストの"クリスマスCD"

ですが

どの曲も新鮮でイイです。

アヴィーチーを追悼したカヴァー曲

「Jingle Bells」も収録されております。

ブルースのリズムは

オヤジの子守歌

みたいでもあり

この作品も絶対これからも

毎年聴きたくなりますね。

見出しのTOPに戻る

こう振り返ると

つきなみなコメントですが

"クリスマスCD"っていろいろあって楽しいですね。

今度は本場アメリカの

もっとスタンダードなものも

聴いてみようかとも思います。

 

この記事を読んでいただきました皆さんも

特に若い世代のみなさんに

以上の作品のなかから

是非"クリスマスCD"

楽しんでみてはいかがでしょうか。

本当に本当に長文にお付き合い頂きまして

有難うございました。

Happy Christmas !!

関連記事オヤジも感動!!はじめての”そうじ代行サービス”

Photo by Simon Maage on Unsplash 年末の大掃除 なるものは 皆様 毎年やってますでしょうか? 我が家も 家を購入してから 毎年やってはいるつもり? ですが 共働きにつき ...

続きを見る

▼【スタディング】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-music
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.