music

【Live Report】エリック・クラプトン 日本武道館公演 2019/04/20

Photo by Ryan Loughlin on Unsplash

3年ぶりの来日公演を

日本武道館で5日間

その最終日

でもある

2019/04/20

御年74歳

エリック・クラプトン様の

そのお姿と生演奏を

人生初めて体感させて頂きました。

本記事はその

Live Report

になります。

本記事の信憑性

CD800枚以上コレクション

音楽大好きサラリーマン オヤジの

備忘録的内容になっております。

この記事を読んで

エリック・クラプトンの音楽

聴いてみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸いです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

1. あっという間の濃厚体験

何度も訪れている武道館ですが

 

ステージのほぼ横

というよりは

それよりも若干裏手の場所で

壁の前の席なり

これまた

初めての体験なり。

終始ステージを

横からの鑑賞

ということで

真上に近い天井もあり

拍手も反響する感じ

でしたが

意外と演奏の音もそれなりに聴こえ

ステージ袖に下がる際の

クラプトン様のお姿

も肉眼で観れたので

最低ラインはクリア

した感じです。

今回は

クラプトン氏の映画を観た直後

でしたので

関連記事映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』レビュー  LIFE IN 12 BARS

Photo by Filip Mroz on Unsplash オヤジ(Robert)がこれまで 映画の劇場鑑賞 した際に 購入してきて いつの間にか やまのようにふくれあがった 映画のパンフレット ...

続きを見る

以前より

より彼の何かを知るきっかけにもなり

過去の音楽にも多く触れ

それによる

さまざまな想いをかかえての鑑賞

でしたので

その淡々と演奏しているお姿

のなかにもみえる

彼の熱いもの

もほんの少しですが

理解できたような

錯覚がありました。

Layla

は、このVほぼそのままな感じでしたね

Tears in Heavem


(Tears in Heaven (Acoustic) [Live at MTV Unplugged, Bray Film Studios, Windsor, England, UK, 1/16/1992] [2013 Remaster] / エリック・クラプトン :クリックするとAmazon商品ページ)

では

レゲエのリズムver

が聴いていて

意外にジワジワきまして・・・

静まり返って聴き入る観衆の雰囲気

などで

オヤジ(Rober)は勝手に

涙腺崩壊状態でしたが・・・

クラプトン氏も

彼のツアーでは欠かせない存在の

ドイル・ブラムホールII(g)氏も

涙していたか?は不明ですが

目元を軽くふき取るような仕草

が印象的でした。

それから

オヤジの大好きな曲でもある

Wonderful Tonight

(Wonderful Tonight / エリック・クラプトン :クリックするとAmazon商品ページ)

の冒頭のギターのサビのフレーズの響きや

会場の携帯のライトの演出

などは

自身がおもい描いていた通りの

完璧な内容でした

残念pointとしては

オヤジ(Rober)が最近

クリーム時代の楽曲を多く聴く機会

があったせいか

それとのコントラストが大きく

当然ご年齢のせい

ということもあると思いますが

全般的にキレがあるパフォーマンスが少ない感じ

は否めなく

ギターの音は神々しかった

のですが

ボーカルのほうは

間を置いて入る

というのが

さらに少し遅れてうたいだす

ところも

多々見受けられたところは

若干淋しさもありました。

また

細かいところでは

I Shot the Sheriff

(I Shot the Sheriff / エリック・クラプトン :クリックするとAmazon商品ページ)

の中の

「but I did not shoot the deputy 」

と唄うところが

女性ボーカルになってました

オヤジ(Rober)的には

以下のシングル盤のように

クラプトン氏が抑え気味に歌うverが好みです。

あと

TOTOの日本ツアー

でも

同行して来日経験がある

ネーザン・イースト(B.)氏

の存在が

アンコール前の

Cocaine

(Cocaine / エリック・クラプトン :クリックするとAmazon商品ページ)

冒頭でのリードの演奏

以外は

あまり見せ場が無かった印象

だったところも

少々残念な感じではありました。

(まあ、それが彼の持ちあじかもですが)

 

ここ最近観ているliveは

演奏時間は通常3時間

くらいが相場なところを

ほぼ

2時間丁度

アンコールも一度出てきて

ボーカルは

確かポール・キャラック(Key./Vo.)氏

がつとめた曲1曲のみで

ゲストが出てくる噂

もありましたが

最終公演

が特別な演出無しに

アッサリ終わった

ところは

少々肩透かしでしたが

それだけ集中して聴いていたゆえに

あっという間に終わってしまった

濃厚な体験

であったことは間違いないでしょう。

2. 「Tokyo 1988」/ Eric Clapton 

1.1. CD情報 (参照:Amazon)    Tokyo 1988 / Eric Clapton 


(Tokyo 1988 / Eric Clapton  :クリックするとAmazon商品ページ)
◆CD情報
・タイトル:Tokyo 1988
・発売年:2019
・フォーマット CD
・レーベル: Sonic Boom

>・曲目リスト

DISC1
01.Cross Road Blues
02.White Room
03.I Shot the Sheriff
04.Lay Down Sally
05.Wonderful Tonight
06.Tearing Us Apart
07.Can't Find My Way Home
08.After Midnight
09.Money for Nothing

DISC2
01.Candle In The Wind
02.I Guess That's Why They Call It the Blues
03.I Don't Wanna Go On With You Like That
04.I'm Still Standing
05.Daniel
06.Cocaine
07.Layla
08.Solid Rock
09.Saturday Night's Alright for Fighting
10.Sunshine of Your Love

全19曲

出典:Spotify  https://www.spotify.com/jp/

Robert
本作は

タイトル通り

約30年前の1988年

東京で行われた

来日公演の演奏がおさめられている

LIVE盤ですが

二枚組で2000円台

エルトンジョンまで登場する

超お得盤!!

バリバリ ギターを弾き倒す

クラプトンの演奏

が楽しめます。

Spotifyは

同じ作品が掲載されてませんでしたので

1997年の

これまた日本でのLIVE盤をUPしてます。

3. セトリ ~ 後記

1.Pretending
2.Key To the Highway
3.I Wanna Make Love To You
4.I'm Your Hoochie Coochie Man
5.I Shot The Sheriff
6.Driftin' Blues
7.Nobody Knows You When You're Down And Out
8.Tears In Heaven
9.Layla
10.Running On FaithPretending
11.Badge
12.Wonderful Tonight
13.Crossroads
14.Little Queen Of Spades
15.Cocain
アンコール
16.High Time We Went

 

本LIVEは

演奏時間は短い印象でしたが

メジャーな曲はほぼやってくれたし

記念のTシャツやキャップも買えたし

totalでは満足

でした。

オヤジ(Rober)的には

もう少し昔の彼の作品

これからも楽しみたいと思います。

余談ですが

今回Web上にある

彼の過去の来日記事

などをみていると

フロントロウ編集部さんの記事

B級グルメファン

の自身にとって

見過ごせない内容が!

以前クラプトンが

自身のブログで絶賛していた場所で、

来日中は必ず1度は訪れる

と言われているほど

お気に入りの場所で

そこは、渋谷区にある

某とんかつ屋さんだとか

是非、今度いってみたいと思います。

 

この記事を読んでいただきました皆さんも

ぜひ一度"

エリック・クラプトンの作品を

楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事「JT SUPER PRODUCERS '94デイヴィッド・フォスター」1994.4.27

  Karolina GrabowskaによるPixabayからの画像 デイヴィッド・フォスターの音楽が大好き!! と公言しながら 数年前に Blue Note Tokyo 30th Ann ...

続きを見る

▼【タワーレコード オンライン】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-music
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.