movie

第92回アカデミー賞授賞式 4部門受賞作品 映画 『パラサイト 半地下の家族』感想

Hatem SayedによるPixabayからの画像

過去のブログを

オヤジ(Robert)の

映画メモリーズ

の続編

として

リライトしてみました。

本記録は

自分のための備忘録

さらに

子供たちへのメッセージ

でもあり

ある意味

デジタル終活的記録

といえるかもしれませんね。

今回pick upするのは

先日

やっと鑑賞してきました

第92回アカデミー賞授賞式

作品賞含む

4部門受賞作品

「パラサイト 半地下の家族」

この記事では以下の内容をご紹介。

本記事の信憑性

特に映画通でもなんでもない

映画鑑賞暦40年以上!?

のオヤジ(Robert)の既鑑賞作品

に関する感想について

備忘録も兼ねてご紹介!

この記事を読んで

この作品鑑賞してみようかな?

と思って頂ければ

オヤジ(Robert)幸いです。

(注意)

以下、ネタバレの可能性もありますのでご注意下さい!!

1. 『パラサイト 半地下の家族』に関するオヤジ(Robert)の勝手な感想文

特に本作は

ネタバレすると映画の楽しみが激減する?

(実はこれがネタバレ?)

と思われるためあまり内容には触れませんが

正直

オヤジ(Rober)的には

後味悪い作品

トラウマにもなりそうな

シーンも多々あり

家族や一部の友人には

あまりお勧めしない作品でもありますが

そのスリルと

ストーリー展開からくる驚きは

映画ファンであれば

必見的作品

ともいえると思います。

貧困は差別へと

怒りは暴力へと

受け入れるか

立ち向かうか

どこへも逃げ出す場所は無い

It's A NEW STYLE WAR

引用:J-Lyric.net 「A NEW STYLE WAR」歌詞

A NEW STYLE WAR / 浜田省吾

昨年から上映されている

貧困や差別などの

格差社会を題材にした作品たち

「万引き家族」

「家族を想うとき」

「JORKER」

そして

今回

「パラサイト 半地下の家族」

を鑑賞してきたところに

このコロナウイルス事情が加わり

オヤジ(Robert)のなかで

この師匠のお言葉

もとい

楽曲の歌詞が

J.BOY

のなかの曲

A NEW STYLE WAR

の歌詞が

頭の中でリフレイン

されております。

初めて

この歌のメッセージ

を受け取った時には

ここまでリアルな危機感

もってませんでしたが

ここ最近

そのレベルが何段階か上がった感

があります。

このような

貧困や差別

の題材は

オヤジ(Rober)が

子供のころから

大なり小なり身近にあり

それが

タブーとしてではなく

今回の映画などで

より公に語られるようになっただけ

なのですが

これからさらに

様々な事が身近に起きて

自分も当事者となった場合に

果たして自分は受け止めて

共存していけるのか?

この

不安でしかない現実

無策の自分

がだけが

取り残されたような感じ

になります。

2. 監督 ポン・ジュノ氏の快挙!

ただ本作の話題として

良いNEWS

なのは

先日の

第92回アカデミー賞受賞式

本作で

アジア人として初の快挙!

でもある

監督賞も受賞した

本作の監督でもある

ポン・ジュノ

の存在でしょうか。

彼の作品は

過去に劇場では

『グエムル-漢江の怪物』

WOWOWでの放映では

『スノーピアサー』

を鑑賞しましたが

残念ながら

オヤジ(Rober)の鈍い感性では

正直

何れの作品も

あまりピンとはきませんでした

したがって

本作も

かなり期待しての鑑賞

というわけでは

ありませんでしたが

あるいみ

見事に裏切られた!

ということに

なるかもしれません。

今回

オヤジ(Rober)は

第92回アカデミー賞受賞式

をTVにて

WOWOWの生中継

をみてましたが

SHOWの終盤に向けて

本作の受賞機会が増えてきて

そのたびに壇上に上がる時の

ポン・ジュノ氏の

表情や言葉

変わっていく様

韓国語でしたが

スコセシやタランティーノ

をリスペクトした

素晴らしいスピーチの内容

もあり

そんなポン・ジュノ氏の雄姿は

同じアジア人として

素直に嬉しく

誇りに思いました。

いつか

日本人の映画監督も

ここを目指し

昇りつめてくる輩が

出てくることを楽しみに

洋画だけでなく

邦画もcheckしていきたいです。

 

3.『パラサイト 半地下の家族』に関する勝手なクライテリア

本作品に関する

"オヤジ(Robert)の

勝手なクライテリア"

による判定結果は

"B”

  • B : まあ、機会があればみてもいいかもの作品
    (個人的な理由(前回鑑賞時にあまり理解できてない/前回鑑賞時に途中寝てしまった/ しばらく見てなかったから)含む)

となります。

正直、オヤジ(Rober)はミーハーのため

アカデミー賞で

監督賞と作品賞を受賞

した作品で

話題になったから

たまたま劇場に観に行ったわけで

そうでなければ

WOWOWで放映するのを待っての鑑賞

する予定だった作品

ではありますが

やはり思い返すと

見返したい場面が

何カ所か思い浮かぶ

ため

どうしてもというわけではありませんが

機会があればまた

この作品をみいと思います。

本作も

WOWOWで既放映作品

につき

DVD/Rに保存

しておきたいと思います。

▼提供:U=NEXT▼


U-NEXT

4. 『パラサイト 半地下の家族』に関するパンフレットの記憶

(「【映画パンフレット】パラサイト 半地下の家族 PARASITE」:クリックするとAmazon商品ページ)

今回のパンフレットは

普通な感じです。

そんななかで

唯一インパクトがある内容は

ラスマエのpageの

著名人や著名映画監督による

本作品を絶賛する

沢山のコメント

でしょうか。

皆さんその

想像を超えたストーリー展開

感服されているようでした。

本パンフレットの冒頭にも

「ポン・ジュノ監督からのお願い」

という1pageを使用した

日本語に翻訳されたメッセージのなかで

「どうか、ネタバレをしないでください。」

という文章がありました。

是非、映画ファンの方は

彼の想いを理解してほしいと思います。

「Director's Interview」

では

本作のタイトルに込められ意味についてや

この映画を通じて

現代社会のどのような側面を映したいと思ったか?など

監督のこの作品に対する想いがわかる

非常に興味深いものがありました。

「Review」

では

映画評論家の方による2つの記事があり

ひとつは本作の

監督ポン・ジュノ氏による

仕掛けの観点

について。

もうひとつの記事でも話題にしていましたが

 今も韓国の人口の2%弱に当たる九十万人が半地下や地下に暮らすと推計され、若年層も増えている。

引用:東京新聞 https://www.tokyo 「映画「パラサイト」半地下の町を歩く 都市の一角にひしめく90万人 映された格差」

という事実

GDPでは既に日本を追い越している韓国での意外なダークな側面です。

ただ、(本パンフレットでは)定番の

「各主要キャストへのインタビュー記事」

がないのが残念でしたね。

 

この記事を読んで頂きましたみなさんのなかで

まだ本作をみてないかたに

本作は無理にはおすすめはしませんが

本作により

自分がどんなインパクトをうけるのか?

ご興味があるかたは

是非、お試し下さいませ。

関連記事初Netflix鑑賞 映画『デイヴィッド・フォスター: 名曲の裏にのぞく素顔』感想

Free-PhotosによるPixabayからの画像 最近 オヤジ(Robert)の息子も バイトで稼いだ金で 自分で課金できる ようになってからは Netflixなどでみた 過去に上映された映画の感 ...

続きを見る

▼【タワーレコード オンライン】▼

▼「ゲオ宅配レンタル」▼

スポンサーリンク

-movie
-

Copyright© intelablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.